コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜物荘 ひもののしょう

百科事典マイペディアの解説

檜物荘【ひもののしょう】

近江国甲賀郡にあった荘園。現在の滋賀県甲西町・石部町(2町とも現・湖南市)の一帯にあたる。摂関家領,のち近衛家領として伝領されたが,京都最勝光院が本家職(のち京都東寺に寄進される),京都聖護(しょうご)院が領家職をもったほか,延暦(えんりゃく)寺西塔(さいとう)釈迦堂領や大慈院領などもみられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひもののしょう【檜物荘】

近江国甲賀郡(現,滋賀県甲賀郡甲西町一帯)の荘園。野洲(やす)川流域に位置する平安期からの摂関家領長櫃(ながびつ)・折敷(おしき)・杓樋など檜物も進納したところから,その名が出たらしい。1253年(建長5)の〈近衛家所領目録〉では,近衛家自身が所領支配の実質的な諸権限(荘務権)を握っているが,その後,地頭も設置された。他領入組みが多く,鎌倉末~室町期に,荘域内に最勝光院領,山門西塔釈迦堂領,大慈院領などが存在した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

檜物荘の関連キーワード石部[町]甲西[町]野洲川小串氏領家職

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android