コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歎異鈔 たんにしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歎異鈔
たんにしょう

鎌倉時代の仏教書。作者は未詳だが,常陸 (茨城県) 河和田唯円とする説が圧倒的である。1巻,18条。師親鸞の没後,信者の間に生じた異端を歎き (歎異) ,他力の宗旨の乱れることがないように,記憶に残っている師の言葉に基づきながら,その是非について論じたもの。その姿勢は,他人の異端を歎く前に,まず,この自分が師の真実の信心に異なっていないかを確かめる,自分の内なる歎異となっていて,わが歎異鈔,告白の書といえる。異端の基準とされるのは,他力と自然 (じねん) である。第1条はまずその他力の真実信心を明らかにし,本書の根源をなしている。すなわち,阿弥陀仏の誓願の不思議にお助けをいただいてこそ,清浄真実の世界に生れることができるのである,と信じて,念仏申そうと思い立つ心が起るとき,即時に,その人は,阿弥陀仏の,いかなるものをも救い取って決して捨てたまわぬご利益 (りやく) にあずかっているのである。弥陀の本願には,老人とか若者,善人とか悪人,というように,わけへだてされることがない。ただ信心だけをかなめとする,と知るべきであると説かれる。第3条の「善人なほもて往生をとぐ,いはんや悪人をや」という悪人正機の言葉は有名である。そのほか,第4条の,人間の愛なんて,底の見えるけちなものでしかないとか,第5条の,親鸞は父母のためといって一ぺんも念仏しないとか,第6条の,「親鸞は弟子一人ももたずさふらふ」とか,第8条の,念仏は非行・非善であるとか,第 10条の,自己を義づける (理由づける,評価する,正当化する) ことから自由になるとか,こうした常識をくつがえすような言葉が記されている。これらの言葉は他力から導き出されており,その他力が,いかにすばらしいかが語られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

歎異鈔【たんにしょう】

鎌倉時代の仏書。親鸞(しんらん)の言行録。直弟子唯円(ゆいえん)が親鸞の没後,浄土真宗の教義に異を唱える者に対し,師の言葉を示し,異議邪説を批判しようとして撰したとされる。
→関連項目悪人正機説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone