コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正司考祺 しょうじこうき

4件 の用語解説(正司考祺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正司考祺
しょうじこうき

[生]寛政5(1793).肥前
[没]安政4(1857).肥前
江戸時代後期の経済学者。有田の商人。通称は正治。号は碩渓,南鶏。早くから独学で経世の学を修め,安積艮斎佐藤一斎らと交わった。伝統的な農本主義必ずしも払拭されてはいないが,『聖人四職の道』で四民分業論を展開して自由な商工業の発達を自然の理法の発現とし,国力の増益に資するものとしてその意義づけを行なっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正司考祺 しょうじ-こうき

1793-1858* 江戸時代後期の経世家。
寛政5年生まれ。肥前有田(佐賀県)の豪商。経世書を執筆して商人の自由な経済活動を主張し,藩営事業,均田制などに反対した。晩年は山野をひらき,産業を奨励した。安政4年12月6日死去。65歳。字(あざな)は子寿。通称は庄治。号は碩渓,南鴂。著作に「経済問答秘録」「天明録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじこうき【正司考祺】

1793‐1857(寛政5‐安政4)
江戸後期の経世家。字は子寿,通称庄治。碩渓,南鴃と号す。肥前有田の商家の出。少時は貧困だが,学を好みかつ商才にたけ,のち巨富を積み,町の復興,山野開発,国産増殖を行う。農工商三民は武家の三宝であり,平等に社会の重要な要素とみなし,当時諸藩で行われた藩営工業・専売に反対して,町人経済活動の自由を唱えた。主著は《経済問答秘録》《天明録》《家職要道》。【塚谷 晃弘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正司考祺
しょうじこうき
(1793―1857)

幕末の経世家。通称は正治、号は南鴃(なんげき)、碩渓(せきけい)。肥前(佐賀県)有田の富商の家に生まれる。実地に産業開発事業を試みる一方、古今の事例、学説を縦横に参照し、『経済問答秘録』(1841)『天明録』(1856成立)『家職要道』『武家七徳』(1845)などの経世書を著した。その所説には、未整理な部分や保守的経世論を踏襲した側面もあるが、一方で、考祺は商人の自由な経済活動を富国の基礎と考え、武士の帰農、均田、限田などの単純な平等論や金利の人為的制限などの当時流行の主張に反対し、同時代人の偏狭な見解にとらわれない経世論を展開した。このため考祺の思想に日本的ブルジョア経済論の萌芽(ほうが)を認める者もある。著作は『日本経済大典』34、35、36巻に所収されている。[島崎隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正司考祺の関連キーワード石田遊汀大原重度寛政の改革肥前物没・歿勃・歿・没清水伯民西奴鍋島直彝山内豊興

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone