コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経世家 けいせいか

5件 の用語解説(経世家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経世家
けいせいか

江戸時代における政治経済論者の総称。儒教思想に基づく経世済民の理論を基底として,現実の政治,社会,経済問題に対する処方箋として,経済論,改革論などが展開される。その関心のおき方により農業論と商業論に大別されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいせい‐か【経世家】

世を治める、優れた手腕の持ち主。政治家。
江戸時代、経世の論を説いた知識人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

経世家【けいせいか】

江戸時代,幕藩体制の危機を意識し,具体的政策・対策,すなわち経世済民の術を論じて為政者の覚醒をうながした在野の知識人。林子平本多利明佐藤信淵大原幽学など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

けいせいか【経世家】

世の中を治める人。政治家。
江戸時代、経世済民の論を唱えた知識人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経世家
けいせいか

おもに江戸時代中期以降、現実の社会的問題を直視し、その解決策を考案した学者。熊沢蕃山(ばんざん)、荻生徂徠(おぎゅうそらい)、太宰春台(だざいしゅんだい)、林子平(しへい)、山片蟠桃(やまがたばんとう)、工藤平助(へいすけ)、佐藤信淵(のぶひろ)、大原幽学(ゆうがく)らがある。[島崎隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経世家の関連キーワード徳目主体思想古方家三院政治経済学政治経済学・経済史学会《政治経済学と資本主義》《政治経済論要綱》ラディカル政治経済学のための連合《歴史的方法の立場による政治経済学》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経世家の関連情報