コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤章 むとうあきら

5件 の用語解説(武藤章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武藤章
むとうあきら

[生]1892.12.15. 熊本
[没]1948.12.23. 東京
陸軍軍人。陸軍士官学校陸軍大学校卒業後,ドイツに駐在。帰国後関東軍参謀,北支方面軍参謀副長などを歴任,1939年軍務局長となり,中将に昇進。太平洋戦争開戦決定に際しては,東条英機陸相とともに,その中心的役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武藤章【むとうあきら】

陸軍軍人。熊本県生れ。陸大卒。日中戦争では参謀,盧溝橋事件では拡大論を主張し,不拡大派の石原莞爾らを押切った。1939年軍務局長。太平洋戦争中スマトラフィリピンで指揮。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤章 むとう-あきら

1892-1948 大正-昭和時代前期の軍人。
明治25年12月15日生まれ。昭和12年参謀本部作戦課長となり,盧溝橋(ろこうきょう)事件で戦線拡大論をとなえる。14年軍務局長。東条英機(ひでき)のもとで統制派の主要メンバーとして活躍した。陸軍中将。敗戦時は第十四方面軍参謀長。A級戦犯とされ,昭和23年12月23日刑死。57歳。遺著に「比島から巣鴨へ」。熊本県出身。陸軍大学校卒。
【格言など】現世(うつしよ)のひとやのなかのやみにゐてかの世の光ほのかに見るかな(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

むとうあきら【武藤章】

1892~1948) 陸軍軍人。中将。熊本県生まれ。二・二六事件後の広田内閣組閣に干渉、盧溝橋事件では参謀本部作戦課長として強硬論を唱える。1939年(昭和14)軍務局長となり東条の腹心として活動。戦後 A 級戦犯として死刑。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武藤章
むとうあきら
(1892―1948)

昭和期の陸軍軍人。明治25年12月15日熊本県生まれ。陸軍士官学校25期、陸軍大学校32期卒業。陸軍大学校卒業後、ドイツ駐在を挟んで1929年(昭和4)まで教育総監部勤務。鈴木貞一(すずきていいち)らが組織した一夕会(いっせきかい)に参加。1935年より軍事課高級課員。二・二六事件後の「粛軍」過程で頭角を現し、寺内寿一(てらうちひさいち)の政務幕僚として広田弘毅(ひろたこうき)内閣の組閣に干渉した。1936年関東軍参謀に転出、謀略部隊の組織などに奔走した。1937年3月参謀本部作戦課長。盧溝橋(ろこうきょう)事件の際には、強硬派の総帥として不拡大派の石原莞爾(いしわらかんじ)作戦部長を中央から追った。11月には中支方面軍参謀副長になり南京(ナンキン)攻略を指導した。1939年軍務局長、大戦中には近衛(このえ)師団長、第一四方面軍参謀長。昭和23年12月23日A級戦犯として刑死。[山田 朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武藤章の言及

【新体制運動】より

…おりからナチス・ドイツの電撃戦が成功し,〈バスに乗りおくれるな〉と近衛をかついで強力な政治体制をつくり戦争の拡大に備えようとする動きが各方面で活発となった。近衛側近の有馬頼寧,風見章らは〈高度国防国家の完成,外交の刷新,政治新体制の建設〉をスローガンに国民組織を基盤とする新党を結成し軍部をとりこんでこれを統制することを目ざしたし,陸軍の武藤章軍務局長らは親軍的な一国一党をつくらせようと企図した。これに対して観念右翼や内務官僚は強力新党は幕府的存在になると,国体論をたてにこれに反撃した。…

【翼賛壮年団】より

…正式名称は大日本翼賛壮年団(翼壮)。大政翼賛会が治安警察法3条にいう公事結社(非政治的団体)と認定され,国民政治力の結集に失敗したため,ナチスの親衛隊にヒントをえた陸軍省軍務局長武藤章らが黒幕となり,大政翼賛運動の実践部隊として1942年1月16日に結成された。全国団の下に道府県団と郡市区町村団が組織され,21歳以上の青壮年有志による同志組織であることが強調された。…

※「武藤章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武藤章の関連キーワード安藤照宇野伝三小野重行川名伝黒田越郎志賀和多利末次梧郎那須弓雄宮島新三郎山田賀一

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武藤章の関連情報