コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木貞一 すずきていいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木貞一
すずきていいち

[生]1888.12.16. 千葉
[没]1989.7.15. 千葉
軍人,企画院総裁 (1941~43) 。 1917年に陸軍大学校を卒業。 33年1~10月大蔵省に出向。 40年に興亜院総務長官心得。 41年に中将で退役し,第2次,第3次近衛文麿内閣と東条英機内閣で国務大臣企画院総裁をつとめた。戦時総動員体制確立には大きな役割を果した。 48年にA級戦犯として終身刑を宣告され,56年に釈放

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木貞一 すずき-ていいち

1888-1989 大正-昭和時代の軍人,政治家。
明治21年12月16日生まれ。昭和13年陸軍少将のとき興亜院政務部長をつとめ,16年中将予備役となり,近衛東条内閣の企画院総裁として第二次大戦終結直前まで戦時統制経済をすすめる。18年から貴族院議員。戦後戦犯として終身刑を宣告されたが,31年釈放。平成元年7月15日死去。100歳。千葉県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すずきていいち【鈴木貞一】

1888‐1989(明治21‐平成1)
昭和期の陸軍軍人(中将)。千葉県出身。陸軍士官学校(22期),陸軍大学校卒。中国駐在武官補佐官,陸軍省軍務局支那班長などをへて1935年内閣調査局調査官に就任し,戦時体制への移行を政策的に先導した。その後,41年第2次近衛文麿内閣以来東条英機内閣まで企画院総裁となり経済の戦時統制を強力に推進,43年内閣顧問となる。敗戦後A級戦犯として終身刑を宣告されたが,56年に釈放。【吉田 裕】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すずきていいち【鈴木貞一】

1888~1989) 陸軍軍人。中将。第二次・三次近衛内閣の国務相兼企画院総裁。東条内閣にも留任。敗戦後、 A 級戦犯、終身刑。1956年釈放。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木貞一
すずきていいち
(1888―1989)

陸軍軍人。千葉県生まれ。陸軍士官学校卒業。1917年(大正6)陸軍大学卒業。参謀本部員などを歴任。この間少壮将校を集め木曜会を組織したり、森恪(かく)や後の「革新官僚」との結び付きを強めたりする。1933年(昭和8)陸軍省新聞班班長となる。その後、内閣調査局、興亜院で活動。1941年予備役(中将)。第二次・第三次近衛文麿(このえふみまろ)、東条英機内閣の企画院総裁、1943年内閣経済顧問、1944年産業報国会会長など、戦時経済統制に手腕を振るった。戦後、A級戦犯に指名され、極東国際軍事裁判で終身刑となる。1956年(昭和31)釈放。[小田部雄次]
『木戸日記研究会・日本近代史料研究会編・刊『鈴木貞一氏談話速記録』上下(1971、1974)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鈴木貞一の関連キーワード昭和時代政治家武藤章留任出向

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木貞一の関連情報