コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氏上 うじのかみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氏上
うじのかみ

古代の首長。平安時代以降の氏長者にあたる。氏神祭祀を司り,氏人を統率して朝廷に仕え,政治的地位や職務を世襲した。大化改新以後は私的支配権,世襲職を失ったが,社会的地位は律令機構内でも重きをなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

氏上【うじのかみ】

日本古代の氏の首長。氏長(うじのおさ)・氏宗(しそう)とも。大化(たいか)前代,氏人を統率し,土地と氏に隷属する部民(べみん)を管理し,氏を代表して朝政に参与して氏・姓(かばね)を与えられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うじのかみ【氏上】

日本古代のの首長。氏長,氏宗ともいわれ,氏を代表して朝政に参与し,その政治的地位によって,氏・姓(かばね)が決定された。大化前代において,氏の首長は氏人をひきい,氏に隷属する民部部曲(かきべ)を管理し,彼らよりミツギ(調),エタチ(役)を徴収し,その一部を朝廷におさめ,また朝廷における官職を分掌した。しかし,実際に〈氏上〉の語が史上にあらわれるのは,大化改新後の,664年(天智3)に,大氏・小氏・伴造(とものみやつこ)の氏を定め,それぞれ氏上に大刀・小刀・干楯弓矢を賜ったときで,それにひきいられる氏人の範囲も定められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の氏上の言及

【氏】より

… 氏の組織は,大化改新によって変革された。氏の官職の世襲と,私的領有制は廃止され,氏上(うじのかみ)以下の個人を対象とする官位・官職と,それにもとづく俸禄制にきりかえられた。しかし,全体としてみれば,氏族制は,官位を媒介にして官僚制に編成がえされた。…

【氏人】より

…日本古代における氏の構成員。同種のことばに,〈うから,やから〉(族)があるが,これが血縁的社会的な氏族共同体の族員をさすのに対して,〈うじびと〉は,政治制度としての氏の構成員で,氏上(うじのかみ)にひきいられる一定範囲の人々をさし,氏上とおなじ氏姓を称する。允恭天皇のとき,盟神探湯(くかたち)によって,氏姓の乱れを正したというが,実際に氏人の範囲を法的に定めたのは,664年(天智3)大氏・小氏・伴造の氏を定め,これによって670年,庚午年籍(こうごねんじやく)を作成したときからであり,これによって氏上とそれにひきいられる氏人の範囲が登録された。…

【相続】より

…〈家之名〉を継ぐことは〈祖名(おやのな)〉を継ぐことと同義であり,〈氏門(うじかど)〉を継ぐことであった。その氏上の地位は,嫡系継承の適用外たることが継嗣令に規定されており,実際の例についてみても,族長的地位の継承はかなりに広い範囲での傍系継承である。また庶人については,戸籍に嫡子注記があり,次代の戸主には嫡子をあてるというのが当時の法解釈である。…

※「氏上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

氏上の関連キーワード天智天皇(てんじてんのう)慧遠(隋時代の僧)蓬萊山人帰橋阿倍宿奈麻呂大倭五百足阿倍御主人春日神木物部雄君三方楽人氏姓制度甲子の宣朴井雄君太安麻呂大伴御行法制史庁南氏高岡香坂士仏石上氏平将門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氏上の関連情報