コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気高[町] けたか

百科事典マイペディアの解説

気高[町]【けたか】

鳥取県東部,日本海に面する気高郡の旧町。海岸砂丘が発達,背後は河内(こうち)川と浜村川の埋積低地。中心は浜村温泉(ラジウム含有食塩泉など,69℃)の温泉町で,山陰本線が通じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けたか【気高[町]】

鳥取県東部,気高郡の町。1955年浜村町と宝木,酒津,瑞穂,逢坂の4村が合体,改称。人口1万0277(1995)。日本海に面し,平滑な海岸に沿って浜村,宝木の砂丘があり,その南側には低湿な沖積平野や日光池,水尻池などの潟湖がみられる。中心の浜村は砂丘裏にある浜村温泉を核とした集落で,山陰本線浜村駅南側の勝見温泉(16世紀初めに開湯とされる)と北側の浜村温泉(1885年発見)からなり,明治末の鉄道開通以来,大きく発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android