コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水マンガン鉱 すいマンガンこうmanganite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水マンガン鉱
すいマンガンこう
manganite

斜方晶系柱状結晶の鉱物MnO(OH) 。硬度2~4,比重 4.3~4.7。亜金属光沢をもち,色は鉄黒色条痕赤褐色。不透明。マンガン鉱石として重要。日本では新第三紀層の層状マンガン鉱床中から産出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

水マンガン鉱【すいマンガンこう】

マンガナイトとも。化学組成MnO(OH)のマンガン鉱物。鱗繊(りんせん)石FeO(OH)のマンガン置換体。単斜晶系。短柱状または長柱状結晶,あるいは小塊状,針状となって産出。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいマンガンこう【水マンガン鉱】

マンガンの鉱石鉱物の一。単斜晶系に属し、不透明で鉄灰色をした柱状の結晶。種々のマンガン鉱床に産出する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水マンガン鉱
すいまんがんこう
manganite

マンガンの鉱石鉱物の一つ。グラウト鉱groutite(α(アルファ)-MnOOH)およびファイトクネヒト鉱feitknechtite(β(ベータ)-MnOOH)とは同質異像関係にある。低温熱水鉱床中、黒鉱鉱床中、スモーカー周辺海底堆積(たいせき)物中に産し、また循環水中の堆積物として生成されるほか、緑マンガン鉱の酸化分解によって生ずることもある。分解して二酸化マンガンの鉱物、とくに軟マンガン鉱になりやすい。自形は一方向に伸びた柱状で、伸びの方向に平行な条線がよく発達し、束状集合をつくるほか、微細結晶が団塊、鍾乳石(しょうにゅうせき)様の集合体をなすこともある。日本では秋田県花岡鉱山(閉山)で多産した。命名は化学組成にちなむ。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水マンガン鉱の関連キーワード水マンガン鉱(データノート)ファイトクネヒト鉱カルコファン鉱コンキライト酸化マンガン