水戸佐倉道(読み)みとさくらどう

百科事典マイペディアの解説

水戸佐倉道【みとさくらどう】

江戸時代,日光道中千住(せんじゅ)宿で分岐し,さらに新宿(にいじゅく)で水戸道(水戸道中)と佐倉道(佐倉街道)に分かれる。日光道中に付属。水戸道は松戸(まつど)関,佐倉道は八幡(やわた)宿まで道中奉行支配。佐倉道は新宿経由以前の旧道(元佐倉道)や,江戸〜船橋(ふなばし)間を行徳(ぎょうとく)船利用や,本所竪川(ほんじょたてかわ)通から逆井(さかい)の渡し利用が多かった。成田山新勝寺への参詣路で,成田道ともいう。
→関連項目宿村大概帳土浦藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android