コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水戸佐倉道 みとさくらどう

百科事典マイペディアの解説

水戸佐倉道【みとさくらどう】

江戸時代,日光道中千住(せんじゅ)宿で分岐し,さらに新宿(にいじゅく)で水戸道(水戸道中)と佐倉道(佐倉街道)に分かれる。日光道中に付属。水戸道は松戸(まつど)関,佐倉道は八幡(やわた)宿まで道中奉行支配。
→関連項目宿村大概帳土浦藩

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

水戸佐倉道の関連キーワード水戸街道新勝寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android