コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水戸佐倉道 みとさくらどう

百科事典マイペディアの解説

水戸佐倉道【みとさくらどう】

江戸時代,日光道中千住(せんじゅ)宿で分岐し,さらに新宿(にいじゅく)で水戸道(水戸道中)と佐倉道(佐倉街道)に分かれる。日光道中に付属。水戸道は松戸(まつど)関,佐倉道は八幡(やわた)宿まで道中奉行支配。佐倉道は新宿経由以前の旧道(元佐倉道)や,江戸〜船橋(ふなばし)間を行徳(ぎょうとく)船利用や,本所竪川(ほんじょたてかわ)通から逆井(さかい)の渡し利用が多かった。成田山新勝寺への参詣路で,成田道ともいう。
→関連項目宿村大概帳土浦藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

水戸佐倉道の関連キーワード水戸街道

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android