コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水谷八重子(初代) みずたに やえこ

美術人名辞典の解説

水谷八重子(初代)

女優。本名松野八重子。劇作家、演出家の水谷竹紫は義兄。子役で初舞台、帝劇「アンナ・カレーニナ」のセンジー役で水谷八重子を名乗る。新派の大黒柱として専念する。当り芸を選び「八重子十種」「大尉の娘」「十三夜」「皇女和の宮」「鹿鳴館」等で有名。昭和54年(1979)歿、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水谷八重子(初代) みずたに-やえこ

1905-1979 大正-昭和時代の女優。
明治38年8月1日生まれ。大正2年芸術座からデビュー。戦前は第2次芸術座を主宰し,戦後は花柳章太郎とともに新派をひきいた。映画でも活躍。14代守田勘弥(かんや)と結婚したが離婚,1女に水谷良重(2代八重子)。昭和42年芸術院会員,46年文化功労者。昭和54年10月1日死去。74歳。東京出身。双葉高女卒。本名は松野八重子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

水谷八重子(初代)の関連キーワード守田 勘弥(13代目)守田 勘弥(14代目)水谷 八重子(初代)水谷八重子(2代)守田勘弥(14代)守田勘弥(14世)市川翠扇(3代)芸術座・藝術座村田 嘉久子武藤 英司青山 哲也阿部 洋子宮部 静子志賀 靖郎水谷 竹紫吉田 史子友田 恭助鶴八鶴次郎加藤 精一柳 永二郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android