江津(市)(読み)ごうつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江津(市)
ごうつ

島根県中北部、日本海に面する江の川(ごうのかわ)(江川(ごうがわ))河口の工業都市。1954年(昭和29)江津、都野津(つのづ)の2町、川波(かわなみ)、二宮(にのみや)、跡市(あといち)、浅利(あさり)、松川、川平(かわひら)、江東の7村が合併して市制施行。2004年(平成16)邑智(おおち)郡桜江(さくらえ)町を編入。海岸は江の川の沖積地を中心に広い砂丘を形成。内陸部には石見(いわみ)高原が広がる。JRの山陰本線と三江線、国道9号と261号の分岐点。国道9号に並行して江津道路が通じる。古来、日本海と江の川の結節点で、江川舟運の下り船の鉄、木材、薪炭、コウゾ、上り船の米、塩、海産物などの集散地となり、河岸には廻船(かいせん)問屋、倉庫が立ち並び繁栄した。昭和初年、鉄道の開通後、江川舟運は衰退し駅前に新市街が成立した。都野津地区は石見瓦(いわみがわら)の産地。1942年(昭和17)以降、砂丘地に製糸、パルプ、化学などの工場が進出し工業都市への基盤ができた。松川町に江津工業団地が造成されている。旧桜江町域は古代の桜井郷、中世の桜井荘(しょう)の地で、室町時代には江川舟運を利用した対朝鮮貿易の要津(ようしん)として川湊桜井津(さくらいのつ)の繁栄をみた。チャ、タバコ、ゴボウ、シイタケ栽培が盛ん。江の川支流の八戸(やと)川には多目的の八戸ダムがあり、近くに国指定名勝千丈(せんじょう)渓がある。甘南備寺(かんなみじ)の櫨匂威鎧残闕(はじにおいおどしよろいざんけつ)は国指定重要文化財である。市西部の「山陰の伊香保」と称される有福(ありふく)温泉には原爆被爆者療養研究所がある。桜江町地区の大元神楽(おおもとかぐら)は国の重要無形民俗文化財。面積268.51平方キロメートル、人口2万5697(2010)。[石橋忠男]
『『江津市の地誌』(1971・報光社) ▽『江津市誌』3冊(1982・江津市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江津(市)の関連情報