コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松川町 まつかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松川〔町〕
まつかわ

長野県南部,伊那盆地中央部にある町。 1956年大島村と上片桐村が合体して町制。 59年生田村を編入。天竜川の両岸にまたがり,河岸段丘上に耕地が開ける。伊那盆地の二十世紀梨栽培の中心地で,リンゴ園もある。町域の一部は天竜奥三河国定公園中央アルプス,天竜小渋水系両県立自然公園に属する。天竜川に沿って国道 153号線,JR飯田線が通り,西部に中央自動車道のインターチェンジがある。面積 72.79km2。人口 1万3167(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

松川町の関連キーワード長野県下伊那郡松川町上片桐長野県下伊那郡松川町元大島長野県下伊那郡松川町大島長野県下伊那郡松川町生田福島県立医科大学金沢の羽山ごもり長野県下伊那郡南信州広域連合松川町の要覧羽山ごもり福島(市)江津(市)島村 一郎宮沢 芳重松川(町)武田信廉石母田城松川事件竜峡小梅メルクス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松川町の関連情報