松川町(読み)まつかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松川〔町〕
まつかわ

長野県南部,伊那盆地中央部にある町。 1956年大島村と上片桐村が合体して町制。 59年生田村を編入。天竜川の両岸にまたがり,河岸段丘上に耕地が開ける。伊那盆地の二十世紀梨栽培の中心地で,リンゴ園もある。町域の一部は天竜奥三河国定公園中央アルプス,天竜小渋水系両県立自然公園に属する。天竜川に沿って国道 153号線,JR飯田線が通り,西部に中央自動車道のインターチェンジがある。面積 72.79km2。人口 1万3167(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松川町の関連情報