コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田泰真 いけだたいしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田泰真
いけだたいしん

[生]文政8(1825).京都
[没]1903.3.7. 東京
漆芸家。幼名又三郎。 11歳で柴田是真の門に入り,蒔絵技法と絵を学ぶ。安政6 (1859) 年独立,門下生十数名を養成。この一派を薬研堀派と称する。 1896年帝室技芸員。『江之島高蒔絵額』が代表作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

池田泰真【いけだたいしん】

漆芸家。江戸生れ。11歳で柴田是真の門人となり,25年間蒔絵を学ぶ。1859年独立して一家をなし,門人の養成に尽力。住居の地名から薬研堀派と称された。代表作《秋田蒔絵小箱》,1893年シカゴ万国博覧会出品の《江之島蒔絵額》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田泰真 いけだ-たいしん

1825-1903 幕末-明治時代の蒔絵(まきえ)師。
文政8年7月7日生まれ。11歳から柴田是真(ぜしん)のもとで修業し,安政6年(1859)独立。おおくの弟子をおしえ,住居の地名にちなみ薬研堀(やげんぼり)派と称される。明治26年のシカゴ万国博に「江之島蒔絵額」を出品した。29年帝室技芸員。明治36年3月7日死去。79歳。江戸出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いけだたいしん【池田泰真】

1825‐1903(文政8‐明治36)
蒔絵師。三河(愛知県)の西尾藩士の子で,1835年(天保6)柴田是真に入門,蒔絵,絵画を修得ののち,59年(安政6)独立し一家をなした。弟子を多く養成し,住居の地名をとって薬研堀派と称せられた。96年帝室技芸員。伝統的な器物に江戸風な味をみせた作品に佳作がみられるが,師是真の作風を忠実に継承している。代表作は秋田蒔絵小箱,93年シカゴ万国博覧会出品の江之島蒔絵額。【郷家 忠臣】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いけだたいしん【池田泰真】

1825~1903) 幕末・明治期の蒔絵まきえ師。京都生まれ。柴田是真の門に入る。独立後は師の作風を継承し弟子を多く育て、薬研堀派と称された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田泰真
いけだたいしん
(1825―1903)

蒔絵師(まきえし)。通称久三郎。三河国(愛知県)西尾藩士の子。11歳で江戸の著名な蒔絵師・柴田是真(ぜしん)に入門、25年間工房で働きながら蒔絵および絵画を習得する。その後、独立して一家をなし、数多くの門下生を養成したので、それらは世間から薬研堀(やげんぼり)派と称せられた。作風は師是真の影響を受けて、蒔絵額面、漆絵(うるしえ)といった是真と同種の作品を制作しているが、いったいに手軽な小品に佳作がみられ、江戸風を小気味よく味わわせるが、個性的ではなく、温厚な作品が多い。1896年(明治29)帝室技芸員となる。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

池田泰真の関連キーワードプロボクシングの階級広島東洋カープ公孫氏政権アレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧ムンバイ鉄道テロスペイン政変

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone