コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原崎権之助(6代) かわらさき ごんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原崎権之助(6代) かわらさき-ごんのすけ

1814-1868 江戸時代後期の歌舞伎の座元。
文化11年生まれ。5代権之助の養子。文政13年養父の没後,6代権之助を襲名して座元をつぐが,安政2年森田座の復興にともない休座した。以降は市村座の金主(きんしゅ)となり,興行界に手腕をふるった。明治元年9月23日死去。55歳。江戸出身。屋号は山崎屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河原崎権之助(6代)

没年:明治1.9.23(1868.11.7)
生年:文化11(1814)
江戸後期の江戸河原崎座の座元。俳名紫扇。はじめ呉服屋に奉公していたが5代目の没後座元を相続し,森田座の控櫓(興行の代行者)として興行。のち市村座の金主となり森田座に対抗したが,強盗に殺害された。実子に初代河原崎国太郎,養子にのちの9代目市川団十郎がいる。なお,この名跡は河原崎座を創設した初代から8代を数えたが,明治10(1877)年に座も名跡も消滅した。

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

河原崎権之助(6代)の関連キーワード河原崎 権之助(8代目)河原崎 長十郎(2代目)河原崎 国太郎(2代目)河原崎 権十郎(2代目)市川 段四郎(2代目)市川 団十郎(9代目)市川 寿美蔵(5代目)河原崎権之助(3代)河原崎国太郎(初代)河原崎権之助(4代)守田勘弥(森田勘弥)河原崎国太郎(2代)河原崎権之助(5代)河原崎長十郎(2世)河原崎権之助(初代)河原崎国太郎(1世)河原崎長十郎(2代)市川団十郎(9世)市川段四郎(2代)市川団十郎(9代)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android