コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油壺 あぶらつぼ

4件 の用語解説(油壺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油壺
あぶらつぼ

神奈川県南東部,三浦半島の南西部に相模湾から入り込む油壺湾と付近一帯の地区。三浦市に属する。湾口が狭いわりに奥行があり,海面が油を流したように静かなことから名称が生じた。小さな岬をへだてて北にある小網代湾,南にある諸磯湾とともに沈降海岸の好例で,三浦半島観光の一中心となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐つぼ【油×壺】

油を入れておく壺。特に、髪油用の小形の壺。あぶらがめ。
石油ランプの石油を入れておく部分。
機械に常時油をさすために取りつけておく小さな容器。オイルカップ。
油絵の道具の一。油絵の具を溶く油を入れる小さい壺。
[補説]地名別項。→油壺

あぶらつぼ【油壺】[地名]

神奈川県三浦市、三浦半島南西部にある湾。水族館国土地理院検潮所などがある。ヨットハーバーとしても利用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油壺
あぶらつぼ

神奈川県三浦半島の南西部、三浦市小網代(こあじろ)の一地区。京浜急行電鉄三崎口駅、JR横須賀線横須賀駅などからバスが通ずる。油壺湾の深い湾入は、北の小網代湾とともにリアス式海岸の好例で、湾内は風がなく、油を入れた壺のようであるのが地名のおこりといわれる。静かな油壺湾、新しい油壺マリンパークとによって、三浦半島観光の中心地の一つとなっている。東京大学臨海実験所は1897年(明治30)三崎から移されたもので、ミキモトパールで内外に知られる御木本幸吉(みきもとこうきち)の真珠養殖もここで完成した。実験所の一部は、戦国時代三浦氏の最後の地となった新井(あらい)城の本丸跡である。1516年(永正13)北条早雲(そううん)の大軍が攻め寄せ、3年間にわたった攻防戦や、落城時の悲話は有名。胴網(どうあみ)の浜は、春はワカメ採り、夏はキャンプ場としてにぎわう。また、国土地理院の油壺験潮場があり、油壺湾内は首都圏内の大規模ヨットハーバーの一つ。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

油壺の関連キーワード大楠山相模灘相模湾葉山三浦海岸逗子横須賀神奈川県三浦郡葉山町神奈川県三浦郡神奈川県三浦市

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

油壺の関連情報