コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油売 あぶらうり

百科事典マイペディアの解説

油売【あぶらうり】

油(主に灯火用)を売り歩く行商人。油は中世まではゴマやエゴマが原料で,これを扱う油座が各地に現れ,なかでも山城大山崎(おおやまざき)の座はほとんど全国的に活躍し,〈やまざき〉は油売の代名詞となった。近世に入り,菜種油や綿実油が進出し,特に摂津・河内・和泉が主産地となり,大坂に京口問屋,江戸口問屋,出油屋,原料買集めの両種問屋等が設立された。これらは株仲間を組織して販路と桶(おけ)の規格を統制し市場を独占,明治まで続いた。なお油売の風俗は《守貞(もりさだ)漫稿》によれば江戸,京,大坂とも同じ藍(あい)木綿に渋染の胸前垂をつけて,油桶を天びんでかついで歩いた。
→関連項目大山崎[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あぶらうり【油売】

油の行商人,とくにその振売商人。古代から中世までは,油の原料はゴマ,エゴマなどが多く,おもに灯火用とされた。14世紀からは油座によって生産と販売が独占され,油売はこの油座から配給をうけて京をはじめ各地に行商した。近世に入って菜種油,綿実油の生産が増大,油座に代わって生産,流通の中心となった大坂の油問屋から各地の問屋や小売店に買い取られた。油売はこの卸売,小売から買い受けて,町中の小口の消費者に振売をした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

油売の関連キーワード「陣中膏ガマの油売り」の口上四六の蝦蟇・四六の蝦蟆アラビア石油(株)戦国時代(日本)ガマの膏売りガマ(蝦蟇)カフジ油田坂野比呂志大山崎油座杉本茂十郎ガマの油上野秀年斎藤道三畠山紫音窪田弘和油を売る斎藤氏大東両唐木太浅田稔

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android