沼名前神社(読み)ぬなくまじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼名前神社
ぬなくまじんじゃ

広島県福山市町後地に鎮座する元国幣小社。鞆祇園宮 (とものぎおんぐう) ともいう。祭神はオオワタツミノミコト。スサノオノミコトを配祀する。例祭5月2日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

沼名前神社【ぬなくまじんじゃ】

広島県福山市鞆(とも)町に鎮座。旧国幣小社。綿津見(わたつみ)神と素戔嗚(すさのお)尊をまつる。通称は鞆の祇園(ぎおん)。神功皇后の創祀と伝える。延喜式内社とされる。例祭のほかに御弓神事(旧正月7日),御手火神事(旧6月4日)などがある。漁業・航海の神として信仰される。
→関連項目福山[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

沼名前(ぬなくま)神社

広島県福山市の鞆(とも)のにある神社。延喜式内社。祭神は大綿津見命(おおわたつみのみこと)、須佐之男命(すさのおのみこと)。「鞆祇園宮」「鞆の祇園さん」などとも呼ばれる。国指定重要文化財の能舞台は、かつて京都の伏見城にあったもので、国内唯一の組み立て式。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬなくまじんじゃ【沼名前神社】

広島県福山市鞆町後地に鎮座。大綿津見命を主神とし,素佐之男命を配祀する。社伝では神功皇后が西征途次,この浦に寄り,海中より霊石を得てそれを神璽とし,斎庭(ゆにわ)に神籬(ひもろき)をたてて神璽をかけてまつり,海路安全を祈願,のち浦人に神社をたてそれをまつれといったことに始まるという。延喜の制で小社。本社はもと渡之辻にあり,渡守(わたす)神社とも呼ばれたが,1599年(慶長4)火災ののち,後地の麻之谷に遷座,さらにそれまでに祇園社の存した現社地内に遷座し,明治維新後,国幣小社に列し,その祇園社本殿に主神として奉斎された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼名前神社
ぬなくまじんじゃ

広島県福山市鞆(とも)町に鎮座。大綿津見命(おおわたつみのみこと)、須佐之男命(すさのおのみこと)を祀(まつ)る。社伝によると、仲哀(ちゅうあい)天皇の2年に、神功(じんぐう)皇后が西国へ下向、瀬戸内海を西航したとき、吉備(きび)国南の海辺に停泊して奇瑞(きずい)あり、海中より浮かび出た神石を神璽(しんじ)として斎場を設け、大綿津見神を祀って海上安全を祈念したのが始まりという。沼名前とは泥沼の地に入り江が深く屈曲して隈(くま)をなした地をいい、ここに鎮座した神を社名としたものといえる。『延喜式(えんぎしき)』の小社で、鞆祇園社(とものぎおんしゃ)とよばれ、『備後国風土記(びんごのくにふどき)』の疫隈(えのくま)の社にあてられている。1599年(慶長4)火災にかかり社殿が移転され、のち鞆浦の祇園社の境内に祀られた。1871年(明治4)国幣小社に列せられ、76年当地に祀られていた祇園社の主祭神に渡守明神(わたすみょうじん)が祀られ、祇園社の祭神は相殿(あいどの)の神となって、現在の沼名前神社が成立した。特殊神事として、旧暦6月7日に近い土曜日に御手火(おてび)祭、旧暦1月7日に近い日曜日に御弓(おゆみ)祭が行われる。また、能舞台はもと山城(やましろ)(京都府)伏見(ふしみ)城にあったもので、国の重要文化財に指定されている。

[加藤隆久]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぬなくま‐じんじゃ【沼名前神社】

広島県福山市鞆町後地にある神社。旧国幣小社。祭神は大綿津見命、須佐之男命。神功皇后が熊襲征伐の海路安全を祈って創祀したと伝えられる。現社名は祇園社と渡守(わたす)社が合併改称したもの。鞆の祇園さん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる