コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華経美術 ほけきょうびじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華経美術
ほけきょうびじゅつ

法華経』,ときには『無量義経』『観普賢経』の開結二経を加えた経典に基づいて制作された,仏教美術の一分野。『法華経』 28品にわたってその経意を描いた大規模な法華経変相図をはじめ,法華経見返絵や工芸品の意匠にいたる大小種々の作例がある。中国には多くの作例をみるが,日本でも古くは『法華説相図』 (長谷寺) があり,ことに平安時代を中心に法華経信仰が盛んとなり,堂塔の壁画には法華経変相図が描かれ,貴族たちはきそって見返絵を伴う『法華経』を書写した。『平家納経』 (厳島神社) などの美しい装飾経が現存し,また『法華経』からの意匠をあしらった『仏功徳蒔絵経箱』 (藤田美術館) がある。さらに『観普賢経』に拠った『普賢菩薩像』 (東京国立博物館ほか) や『普賢十羅刹女図』に優品が伝存し,平安時代は法華経美術にとって最盛期といえる。鎌倉時代に入っても引続き法華経変相図の大作が制作されるなど,平安,鎌倉時代の仏教美術のなかで大きな位置を占めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほけきょうびじゅつ【法華経美術】

《法華経》の全体もしくはその一部を典拠とし,経意ないしは経中に説かれた譬喩(ひゆ)説話や奇跡の情景を絵画,彫塑などに表現したもの。さらに《法華経》中の説話を意匠の拠り所とした工芸品や,書跡としての《法華経》そのものに種々な装飾を施したり,書写に工夫を加えた装飾経などを含む。《法華経》には,竺法護(じくほうご)訳《正法華経》,クマーラジーバ(鳩摩羅什)訳《妙法蓮華経》,闍那崛多(じやなくつた)・達摩笈多(たつまぎゆうた)共訳《添品(てんぽん)妙法蓮華経》などが伝存するが,最も広く流布したのはクマーラジーバ訳であり,中国,日本ではこれが法華経美術の典拠となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法華経美術の関連キーワード顕教美術

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android