コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華経美術 ほけきょうびじゅつ

2件 の用語解説(法華経美術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華経美術
ほけきょうびじゅつ

法華経』,ときには『無量義経』『観普賢経』の開結二経を加えた経典に基づいて制作された,仏教美術の一分野。『法華経』 28品にわたってその経意を描いた大規模な法華経変相図をはじめ,法華経見返絵や工芸品の意匠にいたる大小種々の作例がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほけきょうびじゅつ【法華経美術】

《法華経》の全体もしくはその一部を典拠とし,経意ないしは経中に説かれた譬喩(ひゆ)説話や奇跡の情景を絵画,彫塑などに表現したもの。さらに《法華経》中の説話を意匠の拠り所とした工芸品や,書跡としての《法華経》そのものに種々な装飾を施したり,書写に工夫を加えた装飾経などを含む。《法華経》には,竺法護(じくほうご)訳《正法華経》クマーラジーバ(鳩摩羅什)訳《妙法蓮華経》,闍那崛多(じやなくつた)・達摩笈多(たつまぎゆうた)共訳《添品(てんぽん)妙法蓮華経》などが伝存するが,最も広く流布したのはクマーラジーバ訳であり,中国,日本ではこれが法華経美術の典拠となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法華経美術の関連キーワード公共測量工場財団南無妙法蓮華経法華文句休養法華法華三昧法華法高プロラクチン血含み益(損)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone