コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津名[町](読み)つな

百科事典マイペディアの解説

津名[町]【つな】

兵庫県津名郡,淡路島中部の旧町。中心は大阪湾に面する志筑(しづき)。オレンジ,ナツミカン花卉(かき)を栽培し京阪神へ出荷する。淡路牛の本場で,シラス,イカナゴ漁も盛ん。神戸淡路鳴門自動車道が通じる。2005年4月津名郡淡路町,北淡町,一宮町,東浦町と合併し市制淡路市となる。54.89km2。1万7024人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つな【津名[町]】

兵庫県淡路島の中東部,津名郡の町。人口1万7084(1995)。大阪湾に面し,津名丘陵東斜面を占める。背後の丘陵によって西風がさえぎられて温暖な気候であり,カーネーションなどの花卉やオレンジの栽培が盛んで,京阪神方面に出荷される。中心は明治時代に郡役所が置かれた志筑(しづき)で,志筑川河口に市街地が広がり,津名港がある。西宮市甲子園浜や関西国際空港などとの間に直通フェリーがある。【松原 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android