コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津名[町] つな

百科事典マイペディアの解説

津名[町]【つな】

兵庫県津名郡,淡路島中部の旧町。中心は大阪湾に面する志筑(しづき)。オレンジ,ナツミカン花卉(かき)を栽培し京阪神へ出荷する。淡路牛の本場で,シラス,イカナゴ漁も盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つな【津名[町]】

兵庫県淡路島の中東部,津名郡の町。人口1万7084(1995)。大阪湾に面し,津名丘陵東斜面を占める。背後の丘陵によって西風がさえぎられて温暖な気候であり,カーネーションなどの花卉やオレンジの栽培が盛んで,京阪神方面に出荷される。中心は明治時代に郡役所が置かれた志筑(しづき)で,志筑川河口に市街地が広がり,津名港がある。西宮市甲子園浜や関西国際空港などとの間に直通フェリーがある。【松原 宏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android