津幡[町](読み)つばた

世界大百科事典 第2版の解説

つばた【津幡[町]】

石川県中部,河北郡の町。人口3万0318(1995)。河北潟東部を占め,西部に低地,東部に丘陵地が広がる。中心集落の津幡源平合戦の古戦場俱利伽羅(くりから)峠を控え,北陸道と能登道が分岐する古くからの交通の要衝で,加賀と能登,越中結節点の宿場町として発展した。現在も北陸本線と七尾線,国道8号線と159号線の分岐点で,織物,機械,醸造などの工業が盛ん。住宅地化も進み金沢市ベッドタウンともなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android