コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性白土 かっせいはくどactivated clay

4件 の用語解説(活性白土の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活性白土
かっせいはくど
activated clay

酸性白土,ベントナイトを硫酸で処理したあと,水洗,乾燥した粉末。吸着脱色力が強く,石油製品などの脱水精製に用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

活性白土

酸性白土を原土として,20~45%の濃度の硫酸を加えて数時間沸騰させて製造したもので,原土に比べて著しく活性度が高い.石油の脱色や分留,吸湿剤などに利用される[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かっせいはくど【活性白土 activated clay】

酸性白土またはこれに類似した粘土を酸処理して,吸着力(活性化)を大きくした白土。活性白土は,種々の物質を溶液あるいはガス中より吸着する。石油の脱水,脱色,精製,油脂の脱色精製,あるいは有機化学反応の触媒,乾燥剤などに用いられる。酸性白土は,新潟県下に産するスメクタイト主成分とする粘土であるが,吸着力は活性白土よりも著しく悪い。【下田 右】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone