コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性白土 かっせいはくど activated clay

4件 の用語解説(活性白土の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活性白土
かっせいはくど
activated clay

酸性白土,ベントナイトを硫酸で処理したあと,水洗,乾燥した粉末。吸着脱色力が強く,石油製品などの脱水精製に用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

活性白土【かっせいはくど】

酸性白土

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

活性白土

酸性白土を原土として,20~45%の濃度の硫酸を加えて数時間沸騰させて製造したもので,原土に比べて著しく活性度が高い.石油の脱色や分留,吸湿剤などに利用される[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かっせいはくど【活性白土 activated clay】

酸性白土またはこれに類似した粘土を酸処理して,吸着力(活性化)を大きくした白土。活性白土は,種々の物質を溶液あるいはガス中より吸着する。石油の脱水,脱色,精製,油脂の脱色精製,あるいは有機化学反応の触媒,乾燥剤などに用いられる。酸性白土は,新潟県下に産するスメクタイト主成分とする粘土であるが,吸着力は活性白土よりも著しく悪い。【下田 右】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

活性白土の関連キーワード酸性白土苦扁桃白土人造石油亜硫酸処理偽リップルマークマッド・ボールギアイア漂白粘土

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone