コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海岸気候 かいがんきこうlittoral climate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海岸気候
かいがんきこう
littoral climate

海岸に面した陸地にみられる気候。海洋性気候大陸性気候の中間の性質を示す。日中には海風が,夜間には陸風が発達することが特色で,低緯度地方では年中,また中・高緯度の地方では暖候季を中心として規則的な風向の変化をみせる。なお季節風の卓越する地方では夏季は海洋性,冬季は大陸性の気候となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいがん‐きこう【海岸気候】

海岸に特徴的な気候。海洋気候内陸気候の中間の特性を示し、気温の年変化・日変化は内陸より小さく、海陸風が発達する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

海岸気候【かいがんきこう】

海岸に特徴的な気候。内陸に比べて気温の年変化,日変化が小さい。海陸風が発達する。風速が大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいがんきこう【海岸気候 coastal climate】

海に面した陸地縁辺部にみられる特殊な気候で,海洋性気候大陸性気候の中間的性格を有するが,やや前者に近い特性をもっている。気温の年変化・日変化が小さく,寒暑の厳しさが弱いのが特徴である。中緯度地方では霜・氷などの現象の出現が抑えられ,温暖で,細じんが少なく,紫外線が強いことなどのために保養地などに適している。海陸風が発達することも特色で,低緯度地方では年中,中緯度地方では暖候季を中心に昼間は海風が,夜間は陸風が吹く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいがんきこう【海岸気候】

海岸沿いの陸地にみられる気候。海洋の影響を受けるため、内陸に比べて一般に穏和、また海陸風が発達しやすい。塩風、場所によっては海霧の侵入がある。 ↔ 内陸気候

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海岸気候
かいがんきこう

海岸沿いの陸地に卓越する気候。大洋上にある島にみられる温和な海洋性気候と似ているが、これと大陸性気候との間の漸移的な特徴を有する。大陸性気候に比べると、気温の日較差や年較差が小さく、暖まりにくく冷めにくい海水の熱容量の影響で、最高・最低温度が内陸より遅れて現れる。低緯度地方では一年中、海陸風が発達しやすいが、中・高緯度地方は主として暖候季に海風と陸風の日交替が顕著である。この海風や夏の季節風のように、海から陸への風が卓越する時期あるいは地域ほど海岸気候が明確となる。海からの風が寒流海上を吹走する場合(たとえば東北地方に吹く「やませ」など)は、海霧が濃く発達して内陸に侵入し、低温と日照不足で農業上冷害をもたらしたり、潮風で塩害を被ることがある。[福岡義隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例