コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申叔舟 しんしゅくしゅう Sin Sukchu

5件 の用語解説(申叔舟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

申叔舟
しんしゅくしゅう
Sin Sukchu

[生]太宗17(1417)
[没]成宗6(1475)
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の学者,政治家。慶尚北道高霊郡出身。字は泛翁。号は保閑斎,希賢堂。世宗朝から成宗朝まで仕え,位は集賢殿学士,同副校理,江原・咸吉都体察使などを経て領議政にのぼる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

申叔舟 しん-しゅくしゅう

1417-1475 朝鮮王朝の政治家。
太宗17年6月13日生まれ。嘉吉(かきつ)3年(1443)通信使の書状官として来日。のち礼曹の長官として外交を担当し,領議政(首相)を2度つとめた。日本と琉球の地勢や国情,応接の決まりなどを集成した「海東諸国紀」を撰修したほか,世宗の訓民正音(ハングル)の制定にもつくした。成宗6年6月21日死去。59歳。字(あざな)は泛翁。号は希賢堂,保閑斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

申叔舟

没年:成宗6.6(1475)
生年:太宗17.4(1417)
李氏朝鮮前期の外交官,政治家。日本語読みは「しん・しゅくしゅう」。朝鮮の慶尚道高霊が本貫地。字は泛翁。希賢堂,保閑斎と号す。申檣の子。世宗21(1439)年文科(科挙)に合格し,集賢殿に入る。嘉吉3(1443)年,日本への通信使に書状官として随行し,京都に来た。景泰3(1452)年には明への謝恩使首陽大君(世祖)に書状官として従い,北京へ赴いた。端宗3(1455)年の世祖のクーデタによる王位奪取に功績があり,その即位承認を求める使者として明に使いするなど,重用された。世祖5(1460)年には,江原道,咸吉道の都体察使として北方の女真人討伐に功績があった。同7年,官職の最高位である議政府領議政に任命。世祖没後は睿宗,成宗に仕え,これを補佐した。 成宗2(1471)年再び領議政となる。同年,成宗の命によって『海東諸国紀』を著した。これは,当時の日本と琉球の歴史,国情,地理,朝鮮との関係などを記したもので,中世日朝関係の基礎史料となっている。その死亡記事に「事大交隣を以て己が任となす」(『成宗実録』)とあり,『海東諸国紀』には,外交官で知日家の申叔舟の経験と知識が凝縮されている。また,臨終のとき成宗に対して「願わくば国家,日本と和を失うことなかれ」と述べ,日本との交隣の重要性を遺言したという。漢詩文も得意で,その詩文は死後『保閑斎集』としてまとめられた。世宗の訓民正音(ハングル)の制定にも寄与している。<参考文献>田中健夫訳注『海東諸国紀』

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんしゅくしゅう【申叔舟 Sin Suk‐chu】

1417‐75
朝鮮,李朝の文臣,学者。字は泛翁,号は保閑斎,希賢堂。高霊の人。卓越した学識と文才で世宗以下6代の王に仕え,世祖の王位奪取に荷担して官は領議政に至り,対外的にも,1443年通信使の書状官として来日,帰途対馬で宗氏と貿易協定を結ぶ一方,女真討伐でも活躍した。世宗の〈訓民正音〉制定に参与し,《国朝五礼儀》《世祖実録》《睿宗実録》等の編纂にあたった。著書に,日本と琉球の地勢,国情を紹介した《海東諸国紀》や詩文集《保閑斎集》等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

申叔舟
しんしゅくしゅう
(1417―1475)

朝鮮、李朝(りちょう)の文臣。字(あざな)は泛翁(はんおう)。号は希賢堂。1439年科挙に合格、以後、世宗より成宗に至る6代の国王に仕えた。62年領議政(首相)となる。世宗のときには訓民正音(ハングル)の創製に貢献し、また1443年、通信使の書状官として来日、日朝間の癸亥(きがい)約条(嘉吉(かきつ)条約)制定に寄与した。71年、日朝間の応接・通商規定を集録し日本・琉球(りゅうきゅう)の国情を記した『海東諸国紀』を著した。[矢澤康祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の申叔舟の言及

【海東諸国紀】より

…朝鮮,李朝の申叔舟が成宗の命により1471年作成した書。活字,1巻本。…

【東国正韻】より

…朝鮮に現存する最初の韻書。李朝の申叔舟らが中心になり編集した活字本6巻。1447年(世宗29)成立,翌年刊行。…

※「申叔舟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

申叔舟の関連キーワード松岡洋右外交官李氏朝鮮朝鮮通信使字訓李王家論語読み李芸イグナティエフ日朝貿易

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone