海松・水松(読み)みる

大辞林 第三版の解説

みる【海松・水松】

緑藻類ミル目の海藻。日本の沿岸に普通に見られ、水深1~20メートルの波の静かな海底に生える。藻体は濃緑色でひも状、二また分岐を繰り返し扇状に広がる。高さ10~30センチメートル。食用にもする。ミルメ。ミルブサ。 [季] 夏。
染め色の名。黒みがかった萌黄もえぎ色。暗緑色。
かさねの色目の名。表は萌黄、裏は青。四季の祝儀に着用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みる【海松・水松】

〘名〙
① 緑藻類ミル科の海藻。本州から北海道南部にいたる沿岸の水深一~二〇メートルの波静かな海底の岩上に生える。高さ一〇~三〇センチメートル。全体に鮮緑色を帯びる。葉状体は太い紐状で数回叉状に分岐して扇状をなす。食用・虫下しにする。みるめ。みるぶさ。みるな。またみる。みずすい。《季・春‐夏》
※万葉(8C後)五・八九二「綿も無き 布肩衣の 美留(ミル)の如 わわけさがれる 襤褸(かかふ)のみ 肩にうち懸け」
② 「みるいろ(海松色)」の略。
[語誌](1)①の挙例「万葉集」は、ミルが細かく枝分かれするさまを破れた衣の形容に用いており、他にも「朝なきに来寄る深海松(ふかみる)夕なぎに来寄る俣海松(またみる)」(三三〇一)のように岸に「寄る」あるいは「なびく」ものとして、その姿が歌われている。
(2)平安期に入ると、「見る目」を掛けてミルメの形で詠まれることがほとんどとなり、恋歌の常套句として多用された。→海松布(みるめ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android