コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海田[町] かいた

百科事典マイペディアの解説

海田[町]【かいた】

広島県南部,安芸(あき)郡の町。広島市東部,瀬野川河口の沖積地を占める。中心の海田市(いち)は旧山陽道宿駅で,山陽本線呉線分岐点。化学,かん詰,鉄鋼,自動車の工場がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいた【海田[町]】

広島県西部,安芸郡の町。1956年海田市,東海田2町が合体,海田町となる。人口3万0047(1995)。広島市の東に接し,広島湾の支湾海田湾に注ぐ瀬野川下流の沖積地を占める。中心地の海田市は,古くからの山陽道の宿場町で,江戸時代には御茶屋,脇本陣が設けられていた。現在も宿場町の面影を残し,山陽本線と呉線,国道2号線と31号線が分岐する交通の要衝である。海田の地名が示すように干拓地で,水田やハス田が多かったが,人口増加とともに住宅地や工場用地に転用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android