海竜王寺(読み)かいりゅうおうじ

デジタル大辞泉の解説

かいりゅうおう‐じ〔カイリユウワウ‐〕【海竜王寺】

奈良市法華寺北町にある真言律宗の寺。開創年代は天平年間(729~749)、光明皇后の創立と伝える。もと藤原不比等邸の北東隅にあったので、隅寺(すみでら)・隅院(すみのいん)・脇寺などと称された。五重小塔は奈良時代の作で国宝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

海竜王寺【かいりゅうおうじ】

奈良市法華寺町にある真言律宗の寺。その位置が平城宮の北東隅に当たるので〈隅寺(すみでら)〉の名がある。光明皇后が藤原不比等の邸を改めて寺とし,731年伽藍(がらん)を完備したと伝える。もと西金堂に安置されていた五重小塔は奈良前期の様式がよくわかり,当時の建築手法を知る貴重な資料で,経蔵とともに国宝。また隅寺心経が知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいりゅうおうじ【海竜王寺】

奈良市にある真言律宗の寺。藤原不比等の邸宅の北東隅に建立されたため,隅院(角寺)とも称せられた。光明皇后が僧玄昉(げんぼう)の入唐求法の安全を祈り《海竜王経》を読んだのに起因すると伝えるが,海竜王寺の名は12世紀ころから,角寺と並称して用いられた。738年(天平10)3月に寺封100戸が施入され,一時光明皇后の写経場にもなった。平安時代には興福寺管領し,鎌倉時代中期には西大寺叡尊により中興された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいりゅうおうじ【海竜王寺】

奈良市法華寺町にある真言律宗の寺。藤原不比等ふひとの邸(のち、その子光明皇后が法華寺とした)の北東隅に位置したことより、俗に隅院・隅寺・脇寺などとも称された。創建は平城遷都以前らしい。国宝の五重小塔が著名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海竜王寺
かいりゅうおうじ

奈良市法華寺(ほっけじ)北町にある真言律宗の寺。総国分尼寺法華寺の隣地にある。731年(天平3)光明(こうみょう)皇后御願寺で、藤原不比等(ふひと)の旧殿を改めて仏閣とし、735年入唐(にっとう)僧の玄(げんぼう)は帰朝後ここに住した。開基は玄。皇后宮の北東隅に位置するので俗に隅寺(すみでら)と称した。当時は寺内南北65間(約117メートル)、東西68間(約122メートル)の大寺であったが、しだいにさびれて現在は山門、講堂、西金堂、経蔵を残すのみとなった。西金堂に安置されている五重小塔(国宝)は、薬師寺東塔と似た様式で、古代建築の手法を知るうえに貴重な遺構である。西金堂、経蔵のほか、正応(しょうおう)3年(1290)の銘ある鍍金(ときん)舎利塔、海竜王寺の寺門勅額、十一面観音立像、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)立像(伝運慶作)、絹本着色毘沙門天(びしゃもんてん)画像などが国の重要文化財に指定されている。[野村全宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の海竜王寺の言及

【光明皇后】より

…湯沐2000戸のほかに1000戸の封戸が給せられ,皇后宮職を設置,それに施薬院,悲田院を付置して飢病の徒を療養した。また仏教を厚く信仰し,興福寺に五重塔,ついで亡母三千代のために西金堂を造営,さらに皇后宮(藤原不比等の邸宅)の東北隅に隅寺(すみでら)(海竜王寺)を創立,両親の菩提を弔うため玄昉が将来した《開元釈教録》による一切経の書写を始めた。これはのち〈五月一日経〉(光明皇后願経)として完成する。…

【隅寺心経】より

…隅寺すなわち奈良市海竜王寺に伝えられた多数の般若心経のこと。民間に散佚して世に空海筆と称するが,空海とは無関係である。…

※「海竜王寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海竜王寺の関連情報