コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老名[市] えびな

百科事典マイペディアの解説

海老名[市]【えびな】

神奈川県中部の市。1971年市制。相模川中流東部低地と台地を占め,対岸に厚木市がある。農業の町であったが,昭和初期以降に開通した相模線,小田急電鉄線と相模鉄道線の乗換え地点に当たり,近年住宅地化が著しく進展,京浜の衛星都市となった。
→関連項目相模原

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えびな【海老名[市]】

神奈川県中央部の市。1971年市制。人口11万3430(1995)。県央を南下する相模川中流部の東岸にあり,相模川に臨む沖積地は水田に,相模横山と呼ばれる相模原台地の西縁は畑地に利用されていた。横浜からの相模鉄道線が1926年に,東京新宿からの小田急線が27年に開通し,茅ヶ崎からのJR相模線も市内を通過することから,住宅地化が進んだ。近年駅周辺の開発が進み,市街地化が著しい。台地上は古く相模国の国府が置かれたところといわれ,相模国分寺跡には七重塔,金堂,講堂跡などの礎石が残り,法隆寺式の配置を示し,国指定の史跡となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

海老名[市]の関連キーワードマズロー阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫東松照明ビーティーファスビンダー宇宙開発史(年表)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android