コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海馬(かいば) かいばhippocampus

翻訳|hippocampus

知恵蔵の解説

海馬(かいば)

辺縁系の主要な構造物。海馬体あるいはアンモン角とも呼ばれる。は空間学習や記憶などに関係している。海馬は長期の記憶を貯蔵しておくのではなく、記憶を一時的に蓄え、他の部位に転送する役割を果たしている。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

海馬(かいば)の関連キーワードオキーフ(John O'Keefe 神経科学者)モーセル(Edward I. Moser)モンロー(Alexander Monro)脳、脊髄、神経のしくみとはたらき竜の落とし子・竜の落し子クロルジアゼポキシド可塑性[脳科学]ジョン・オキーフコルサコフ症候群タツノオトシゴヒッポカンポス側頭葉症候群低酸素性脳症海獣葡萄鏡大脳辺縁系ネグリ小体脳ヘルニア脳リンパ腫トレビの泉モネロン島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海馬(かいば)の関連情報