コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消磁 ショウジ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じ〔セウ‐〕【消磁】

degauss交流電流や熱などによって、磁性体磁化を消し去ること。特に、強磁性体の残留磁気を消すこと。CRTディスプレーやテレビのブラウン管で、地磁気や周囲にあるスピーカーなどの影響を取り去る機能もさす。デガウス。
磁気テープハードディスクなどに書き込まれたデータを消すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

消磁

デガウス」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

しょうじ【消磁】

CRTディスプレーやテレビのブラウン管の周囲の磁気を取り除く機能。コンピューター本体やスピーカーなどによる磁気を取り除き、画面のむらや色にじみを起こさなくする役割を持つ。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうじ【消磁】

磁性体の磁化を消すこと。強磁性体の残留磁化を消すには、熱したり交流磁場を加える。
磁気テープなどに書き込まれた記録を消すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消磁
しょうじ
demagnetization

磁性体磁化のない状態にすること。常磁性体反強磁性体では,外部磁場がない状態が消磁状態であるが,強磁性体では磁気履歴 (ヒステリシス) のために外部磁場がなくても残留磁化によって消磁状態にはない。したがって消磁するためには,温度を強磁性が消失するキュリー点 (→キュリー温度 ) 以上にして磁気記憶をなくしてから冷却する熱消磁の方法と,交流磁場もしくは正負の磁界を交互に加えて,その交番磁界の大きさを徐々に小さくして,磁場をなくしたときに磁化が消滅するようにさせる交流消磁法とがある。また常磁性体を等温で磁化したのち断熱状態で消磁する断熱消磁は低温生成の手段に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

消磁の関連キーワード磁石(磁力をもつ物体)磁気ヒステリシスヘッドイレーザーネオジム磁石サーミスター断熱消磁冷却磁気熱量効果低温物理学クラマース最大磁化率核断熱消磁超低温装置磁気ひずみ初磁化率ジオーク磁気冷却自動消磁断熱変化絶対零度超低温

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android