コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元梅吉(3代) きよもと うめきち

1件 の用語解説(清元梅吉(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清元梅吉(3代) きよもと-うめきち

1889-1966 明治-昭和時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
明治22年12月27日生まれ。2代清元梅吉の子。清元節。明治44年3代目をつぐ。5代清元延寿太夫立三味線をつとめるが,大正11年に清元流(梅吉派)をたて,家元となる。昭和30年2代寿兵衛と改名。37年文化功労者芸術院会員,人間国宝。「津山の月」「お夏狂乱」など作曲作品もおおい。昭和41年6月1日死去。76歳。東京出身。本名は松原清一。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清元梅吉(3代)の関連キーワード饗庭篁村広島(市)中国映画ニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone