コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水トンネル しみずトンネル

6件 の用語解説(清水トンネルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水トンネル
しみずトンネル

群馬,新潟県境,三国山脈の中央部を貫通する鉄道トンネル。全長 9702m。上越線土合 (どあい) 駅と土樽 (つちたる) 駅間にある。 1922年着工,31年開通。トンネルの開通により,上野-新潟間の距離は信越線経由に比べ 98km,約4時間を短縮。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しみず‐トンネル〔しみづ‐〕【清水トンネル】

新潟・群馬県境にある上越線ループ式トンネル。清水峠の南にあり、谷川岳を貫く。昭和6年(1931)開通、長さ9702メートル。昭和42年(1967)新清水トンネルが開通して複線化が完成。長さ1万3500メートル。昭和56年(1981)には上越新幹線大清水トンネル(長さ2万2221メートル)が開通。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

清水トンネル【しみずトンネル】

JR上越線が三国山脈(谷川連峰)を横断する部分に設けられた鉄道トンネル。清水,新清水の2本の単線型トンネルからなる。清水トンネル(延長9702m)は1922年着工,1931年完成。
→関連項目笹子トンネル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しみずトンネル【清水トンネル】

群馬・新潟県境の谷川連峰の下を貫く鉄道トンネル。現在3本の鉄道トンネルがあり,表日本と裏日本を結ぶ動脈の役割を果たしている。清水トンネルは上越線の土合駅と土樽駅間にあり,延長9.702kmの単線型鉄道トンネルで,南側に湯檜曾(ゆびそ),北側に松川の各ループトンネルがある。1922年8月着工,31年3月に完成し,同年9月には上越線が全通している。この開通で上野~新潟間は従来の信越線経由に比べ約98km短縮された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しみずトンネル【清水トンネル】

群馬・新潟県境、上越線にあるトンネル。長さ約9.7キロメートル。1931年(昭和6)完成。清水峠付近で三国山脈を貫く。さらに、これとほぼ平行して、67年、新清水トンネル(約13.5キロメートル)が開通。また、上越新幹線が通る大清水トンネル(22.221キロメートル)もできた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水トンネル
しみずとんねる

群馬・新潟県境、上越線土合(どあい)―土樽(つちたる)間の長さ9702メートルの単線鉄道トンネル。1922年(大正11)着工、1931年(昭和6)開通。谷川岳(たにがわだけ)直下を貫いており、1962年(昭和37)北陸トンネル完成時まで、旧国鉄の最長トンネルとして著名であった。トンネルの地質は堅硬な石英閃緑(せんりょく)岩で、アルプスのシンプロン・トンネル工事で有名になった「山はね現象」がおこった。この現象は、トンネル掘削により応力が開放されて、トンネル側壁部の岩石が岩片として飛散する現象である。アメリカ合衆国より輸入した新型機械を使用し、鉄道省の直轄工事で完成した。新清水トンネルの完成により、上越線上り線として使用されている。[藤井 浩]

新清水トンネル

上越線(下り線)湯檜曽(ゆびそ)―土樽間の長さ1万3500メートルの単線鉄道トンネル。1963年(昭和38)着工、1967年開通。上越線複線工事により新設されたもの。土合―土樽間は在来の清水トンネルに並行しており、湯檜曽―土合間もトンネルとしたため延長が伸びている。湯檜曽方坑口より3.7キロメートルのトンネル内に、土合駅(下り線)が設けられ、乗降客は連絡斜坑(長さ460メートル)を利用する。なお、上越新幹線上毛(じょうもう)高原―越後湯沢(えちごゆざわ)駅間には、開通当時長さ日本一だった大(だい)清水トンネルがある。[藤井 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の清水トンネルの言及

【上越線】より

…おもな経由地は前橋,渋川,沼田,小千谷(おぢや)の各市である。上越線は1892年制定の鉄道敷設法で建設予定線となったが,上越国境の清水トンネルを含む山岳地帯の大工事が必要であったこともあり,予定線の中では最後まで着工されず,ようやく1918年3月工事開始が決定された。工事は高崎側および宮内側からそれぞれ上越南線,上越北線として開始され,まず上越北線宮内~東小千谷間が20年11月に開業,上越南線高崎~渋川間が翌年7月に開業,その後順次延長開業し,31年9月水上~越後湯沢間の開通によって全線が開通し,上越線と改称された。…

【トンネル】より

…以来,国内の鉄道建設の伸長につれて,地形の険しい日本では多数のトンネルが必要となり,また火山性などの複雑かつ困難な地質条件を克服する必要から,トンネル技術の進歩が大いに促進され,日本を有数のトンネル技術国たらしめることとなった。明治,大正,昭和の前半にかけては,笹子トンネル(1896‐1902年,延長4.6km),清水トンネル(1922‐31年,延長9.7km),丹那トンネル(1918‐34,延長7.8km),関門トンネルなどが代表的なものとされる。第2次世界大戦後は,在来鉄道の複線化やこう配改良,新線建設などにより,北陸トンネル(1957‐61年,延長13.9km)や新清水トンネル(1963‐67年,延長13.5km)などが生まれ,また新幹線の建設は一挙に多くの長大トンネルを生み出すこととなり,1981年には世界最長の大(だい)清水トンネル(延長22.2km)が完成している。…

※「清水トンネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清水トンネルの関連キーワード谷川岳白虹日を貫くラック鉄道谷川温泉サッポロ 日本名山の天然水谷川連峰From AQUA湯沢[町]新潟県柏崎市谷川新田新潟県小千谷市千谷川谷川連峰

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水トンネルの関連情報