コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清白寺 せいはくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清白寺
せいはくじ

山梨市にある禅宗寺院。清渓通徹夢窓疎石を勧請開山とし,正慶2 (1333) 年に足利尊氏が創立したと伝えられる。仏殿応永 22 (1415) 年の建立。組物が簡素で天井が1面の鏡天井になっているなど,禅宗仏殿の時代による変化を知るうえで貴重な遺構であり,国宝。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいはくじ【清白寺】

山梨市三ヶ所にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は海涌山。開山は夢窓疎石,開基は足利尊氏で,1333年(元弘3)の創建である。1682年(天和2)諸堂宇を焼失したが,重層入母屋造,檜皮葺き(ひわだぶき)で方5間の仏殿と本尊千手観音像は焼失を免れた。その後蘭室周芳が再建し,1789年(寛政1)の妙心寺末寺帳に,境内山林竹木を御朱印地とし,塔頭(たつちゆう)2宇,末寺5ヵ寺をもつ妙心寺直末寺院として記されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

清白寺の関連キーワード山梨市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android