コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温み ヌクミ

デジタル大辞泉の解説

ぬく‐み【温み】

あたたかい感じ。あたたかみ。「からだの温み

ぬる‐み【温み/微温み】

《動詞「ぬるむ」の連用形からか》
㋐なまあたたかいこと。ぬるいこと。また、その程度。
「どこか底に―を持った風が額に当る」〈鴎外・魔睡〉
㋑ぬるま湯。
「―汲みとり用意の気付け」〈浄・朝顔話
《「み」は接尾語か》川の流れの緩やかな所。よどみ。
「弱き馬をば下手に立てて、―に付けて、渡すべし」〈盛衰記・三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬくみ【温み】

あたたかみ。 「布団に-が残っている」

ぬるみ【温み】

ややあたたかいこと。なまぬるいこと。
ぬるま湯。 「釜に-も沸いてある/浄瑠璃・卯月の潤色
川などの流れのゆるやかな所。 「弱き馬をば下手に立てて、-に付けて渡すべし/盛衰記 35

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

温みの関連キーワード浄瑠璃

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android