コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖める/温める アタタメル

デジタル大辞泉の解説

あたた・める【暖める/温める】

[動マ下一][文]あたた・む[マ下二]
程よい温度に高める。あたたかくする。あっためる。「冷えた手を―・める」「ミルクを―・める」
(温める)
㋐卵がひなにかえるまで大事にかかえる。「卵を―・める」
㋑自分の手元にしまっておく。温存する。「―・めていた論文を発表する」
㋒絶えていた人との交際を以前に戻す。「旧交を―・める」
登場する機会がなくて控えている。暇である。「席を―・める」「ベンチを―・める」
自分だけで利益を独占する。また、こっそり自分のものにする。「拾ったを―・める」

あった・める【暖める/温める】

[動マ下一]あたためる」に同じ。「スープを―・める」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

暖める/温めるの関連キーワード追い炊き・追炊き・追い焚焙り籠・炙り子・焙り篭パネルヒーティングベンチウオーマーオンドル(温突)焼け野の雉夜の鶴蓄熱式電気暖房機ホットカーペットスチームヒーターオイルヒーターフェーリング液チベット高気圧石油ストーブマフポケット温突(朝鮮)暖炉・煖炉凍え果てるウオーマー暖房・煖房空気予熱器

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android