コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温温 ヌクヌク

3件 の用語解説(温温の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬく‐ぬく【温】

[副](スル)
気持ちよくあたたかいさま。「部屋の中が温温(と)してくる」
苦労や不自由がなく、満ち足りているさま。「裕福な家庭で温温(と)育つ」
周囲を気にせず、ずうずうしく振る舞うさま。ぬけぬけ。
「此方は御暇(いとま)、孝助は―と奉公して居るというのだ」〈円朝怪談牡丹灯籠

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんおん【温温】

( トタル ) [文] 形動タリ 
人の性質がおだやかなさま。
ぬくぬくとしてあたたかそうなさま。 「其書室たるや爐火を焚て…寒夜と雖ども-として小春の候に異ならず/花柳春話 純一郎

ぬくぬく【温温】

( 副 )
(多く「と」を伴って)
体の中まで暖かく心地良いさま。 「 -と布団にくるまっている」
苦労がなく、のんびりするさまを不快に感じていう。 「親もとで-と暮らす」
(食べ物などが)できたてで、あたたかいさま。 「 -のごはん」
平然としているさま。ずうずうしいさま。ぬけぬけ。 「此の孫右衛門を-とだまし/浄瑠璃・天の網島

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

温温の関連キーワード温風快勝快談快刀快眠懐が暖かい快通

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

温温の関連情報