ほくほく

精選版 日本国語大辞典「ほくほく」の解説

ほく‐ほく

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある)
① ゆっくりと歩くさま、また、その様子を表わす語。ぼくぼく。ぽくぽく。〔俚言集覧(1797頃)〕
② 頭を上下してうなずくさまを表わす語。
浄瑠璃信州川中島合戦(1721)三「さしもの輝虎理に服し、ほくほくうなづき」
③ いねむりするさまを表わす語。ぼくぼく。ぽくぽく。
※慶長見聞集(1614)三「常にあをきなどあいし、竹をあいする業もつきぬればほくほくとねむりなどして」
④ うれしさを隠しきれないさまを表わす語。
怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一二「持ちつけない品を持たものだからほくほく喜び」
⑤ ふかしなどで、水気やねばり気などが少なく口あたりのよいさまなどを表わす語。
夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「ホクホクするやうな白い里芋の子が」
[2] 〘形動〙 (一)④に同じ。
※旧聞日本橋(1935)〈長谷川時雨〉勝川花菊の一生「この二人娘が姉は踊りで、妹は三味線で売り出して〈略〉両親は左団扇のホクホクだったのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ほくほく」の解説

ほく‐ほく

[副](スル)
うれしさを隠しきれないさま。「商売繁盛ほくほくしている」
焼いたりふかしたりした・芋などの、あたたかくて、やわらかいさま。ぽくぽく。ほっくり。「ほくほくした焼き芋
ゆっくりと歩くさま。
「―とかすんで来るはどなたかな」〈一茶句稿消息〉
[類語](1気持ちよい快い快感快楽心地よい痛快小気味よい爽快壮快快適カンファタブルすがすがしいさわやか清新清爽晴れやか晴れ晴れさっぱり楽しいうはうは笑いが止まらない嬉しい喜ばしい欣快きんかい愉快嬉嬉きき欣欣きんきん欣然きんぜん満悦御機嫌朗らか明朗陽気明るい気さく快活楽天的上機嫌晴れ晴れしいぴちぴち生き生き活発からり根明ねあか心が躍る心が弾む心を躍らせる/(2ほっくりほっこりほかほか暖かいあったか暖か温暖生暖かいぽかぽか温和ぬるいぬくい生ぬるいぬくぬくほやほや暖気ぬくみぬるみ暖まるぬくもるぬるむ暖める

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android