コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほくほく ホクホク

デジタル大辞泉の解説

ほく‐ほく

[副](スル)
うれしさを隠しきれないさま。「商売繁盛でほくほくしている」
焼いたりふかしたりした栗・芋などの、あたたかくて、やわらかいさま。ぽくぽく。ほっくり。「ほくほくした焼き芋」
ゆっくりと歩くさま。
「―とかすんで来るはどなたかな」〈一茶句稿消息〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほくほく

( 副 ) スル
うれしさを禁じえないさま。 「 -顔」 「賞金を得て-する」
ふかし芋などが、水分が少なくてやわらかく口当たりがよさそうなさま。ぽくぽく。 「 -のふかしいも」
ゆっくりと歩くさま。ぽくぽく。 「我が足音を聞きつけて-ありく此時他に求むる処なく/ふところ日記 眉山
うなずくさま。ぼくぼく。 「さしもの輝虎理に服し、-うなづき/浄瑠璃・信州川中島」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほくほくの関連情報