コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温い ヌクイ

デジタル大辞泉の解説

ぬく・い【温い】

[形][文]ぬく・し[ク]あたたかい。ぬくとい。「布団が―・い」
[派生]ぬくさ[名]

ぬる・い【温い】

[形][文]ぬる・し[ク]
適温よりも低い。また、なまあたたかい。「風呂が―・い」「―・いビール」
(「緩い」とも書く)
㋐きびしくない。てぬるい。「若手のきたえ方が―・い」
㋑動きがおそい。のろい。
「春の水が…のたりのたりと―・く揺(うご)いている」〈漱石草枕
てきぱきしない。鈍い。
「いと―・きこと多かるを」〈・若菜下〉
愛情が薄い。熱心でない。
「うちうちの御志―・きやうにはありけれ」〈・若菜上〉
[派生]ぬるさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬくい【温い】

( 形 ) [文] ク ぬく・し
あたたかい。ぬくとい。 [季] 春。 「こりやあ何だか-・いではないか/当世書生気質 逍遥
愚かである。 「談議は-・い波寄する磯/当流籠抜」 〔おもに関西地方など西日本で用いる〕
[派生] -さ ( 名 )

ぬるい【温い】

( 形 ) [文] ク ぬる・し
熱さが不十分である。なまあたたかい。飲み物や液体の温度にいうことが多い。 「風呂が-・い」 「お茶が-・い」
厳しさが足りない。手ぬるい。軟弱だ。 「そんな-・いやり方ではいい後継者は育たない」
動きが激しくない。ゆるやかだ。 「これは風-・くこそありけれとて、御扇おき給ひて/源氏 若菜下
才覚がにぶい。愚鈍だ。 「はかばかしき方(=政治的ナ方面)には-・く侍る家の風の/源氏 若菜上
情熱がうすい。熱心でない。 「かかればこそ、世の覚えの程よりは内々の御心ざし-・きやうにはありけれ/源氏 若菜上
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

温いの関連キーワードシェークスピア当世書生気質木川田一隆派生源氏罨法

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温いの関連情報