湖西[市](読み)こさい

百科事典マイペディアの解説

湖西[市]【こさい】

静岡県南西端,浜名湖西岸の市。1972年市制。中心の鷲津は豊田佐吉の生地で,明治以後綿織工業が発達,現在は自動車部品,電器の大工場が進出し,市の製造品出荷額1兆2466億円(2003,県内6位)のうち約98%を占めている。東海道本線天竜浜名湖鉄道が通じ,浜名湖の観光基地でもある。浜名湖はアサリ,クロダイなどの漁業資源に恵まれ,クルマエビなどの栽培漁業にも力を入れている。ミカンも多産。2010年3月浜名郡新居町を編入。86.56km2。6万107人(2010)。→白須賀

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こさい【湖西[市]】

静岡県南西端,浜名湖西岸の市。1972年市制。人口4万3762(1995)。天伯原高師原などの洪積台地とこれを切るいくつかの沖積谷が分布する。台地上は湖西古窯跡群として知られる西遠地方有数の窯業地帯で,古墳時代中期から鎌倉初期に至る古窯跡が約100ヵ所,200基以上確認されている。国道1号線に沿う白須賀は中世以来の東海道の宿場町として繁栄したが,明治期に東海道本線が北に迂回して開業したため衰えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の湖西[市]の言及

【白須賀】より

…現在でも比較的宿場時代の町並みを残している。1955年湖西町となり,72年市制施行。【渡辺 和敏】。…

※「湖西[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android