湛海(1)(読み)たんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湛海(1) たんかい

?-? 鎌倉時代の僧。
奈良で戒律をまなび,京都泉涌寺(せんにゅうじ)の俊芿(しゅんじょう)に師事。嘉禎(かてい)3年(1237)宋(そう)(中国)にわたるが,白蓮教寺の仏舎利をえられず,経論数千巻,楊柳観音像などをたずさえて帰国。のちふたたび入宋。白蓮教寺の復興につくし仏舎利をあたえられ,泉涌寺におさめた。字(あざな)は聞陽。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android