コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯布院[町] ゆふいん

百科事典マイペディアの解説

湯布院[町]【ゆふいん】

大分県中部,大分郡の旧町。大分川上流の由布院盆地を中心とし,由布岳などの火山斜面を占める。盆地や谷では米作を行う。畜産も盛ん。湯布院温泉は盆地の北東部を占める温泉群で,単純泉,重ソウ泉など,42〜98℃,湯量が非常に豊富な国民保養温泉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆふいん【湯布院[町]】

大分県中部,大分郡の町。1955年由布院町,湯平(ゆのひら)町が合体,改称。人口1万1521(1995)。大分川の源流,湯布院盆地を中心に広がる町で,盆地の北には豊後富士の名で知られる由布岳(1584m)がそびえる。盆地には豊富な温泉が湧出し,風光明美な温泉町である。この地のことはすでに《豊後国風土記》に〈柚富郷〉と記されている。町の中心部に最も規模の大きい由布院温泉(単純泉,42~98℃),南西部の大分川の支流花合野(かごの)川沿いに湯平(ゆのひら)温泉,由布岳の北側の塚原高原には塚原温泉(単純酸性泉,57~60℃)があり,これらを合わせて湯布院温泉と呼ぶこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android