濁水渓(読み)だくすいけい

百科事典マイペディアの解説

濁水渓【だくすいけい】

台湾中部を西流する,台湾最長の河川。全長約186km。台湾山脈の奇莱主(きらいしゅ)山付近に発源。山脈の西斜面を流れる万大渓・十社渓等を合わせ,彰化嘉義の間を通って台湾海峡に注ぐ。西岸平野に大扇状地を形成し,灌漑(かんがい)に利用される。上流は粘板岩微粉により黒濁するのでこの名がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だくすいけい【濁水渓 Zhuó shuǐ xī】

中国,台湾本島中部の川。中央山脈の西に源を発し台湾海峡に注ぐ。台湾で最大の川で,流長186km,流域面積3114km2。水系は阿里山脈によって東西に分かれ,東部は南北に長い支流をもち,小さな河谷平野を開く。高山族の居住地で有名な霧社もその上流部にある。阿里山中に小支流をさかのぼると,台湾最大の湖であり,また風光明媚の地として知られる日月潭(じつげつたん)がある。阿里山脈の峡谷をぬけると南北に分流してゆるやかな扇状地を形成し,本流の北は彰化県,南は雲林県の主要部分を構成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濁水渓
だくすいけい / チュオショイシー

台湾中部を西流する、台湾第一の長流。全長170キロメートル、流域面積3150平方キロメートル。北の源流は合歓(ごうかん)山に、南の源流は玉(ぎょく)山に源を発し、合流後、島の中央部を西流する。平野部に出て分流し、広い扇状地を形成して台湾海峡に注ぐ。傾斜が急で流れは速く、水は上流の粘板岩によって濁っている。流域平野は水利に恵まれ水稲の二期作や小麦の産地として知られる。上流に日月潭(じつげつたん)水力発電所がある。[劉 進 慶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android