瀬川菊之丞(6世)(読み)せがわきくのじょう[ろくせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬川菊之丞(6世)
せがわきくのじょう[ろくせい]

[生]1907
[没]1976.11.3.
歌舞伎俳優。屋号浜村屋。俳名路考。本名豊太郎。5世岩井粂三郎の義弟となり 1918年中絶の瀬川家を再興,33年に襲名。女方から敵役,老役まで幅広い芸域で前進座座員として活躍したが,公演のため大阪滞在中に急逝した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の瀬川菊之丞(6世)の言及

【前進座】より

…第2次世界大戦後,青年劇場運動で注目されたが,49年共産党に集団入党し,民族文化の改良と創造を唱えた。これを契機に商業劇場から一時締め出されたが,講和後,長十郎の《鳴神》,翫右衛門の《俊寛》,5世河原崎国太郎の《切られお富》,5世嵐芳三郎の《寺子屋》,瀬川菊之丞の《阿部一族》などで旺盛な活動を試みた。67年9月思想的対立から長十郎を除名する事件があったが,79年12月歌舞伎座で創立50年記念公演を行い,82年10月東京・吉祥寺の劇団敷地内に前進座劇場を開場。…

※「瀬川菊之丞(6世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android