コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無間の鐘 ムケンノカネ

3件 の用語解説(無間の鐘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むけん‐の‐かね【無間の鐘】

静岡県、佐夜の中山にあった曹洞宗観音寺の鐘。この鐘をつくと現世では金持ちになるが、来世で無間地獄に落ちるという。
歌舞伎浄瑠璃趣向の一つで、手水鉢(ちょうずばち)を1になぞらえて打つもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むげんのかね【無間の鐘】

遠江とおとうみ国(現在の静岡県)佐夜さやの中山にあった観音寺の鐘。これをつけばこの世では金持ちになれるが、来世では無間地獄に落ちるという。
手水鉢ちようずばちになぞらえて打つ歌舞伎の所作事。 「広間の手水鉢で-をつかふかとはしごをあわてゝかけおりるとたんへ/安愚楽鍋 魯文

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無間の鐘
むけんのかね

長唄(ながうた)。本名題(ほんなだい)『傾城(けいせい)無間の鐘』。1731年(享保16)2月、江戸・中村座初演の『傾城福引名護屋(ふくびきなごや)』のうち、初世瀬川菊之丞(きくのじょう)(ふん)する傾城葛城(かつらぎ)が愛人の名古屋山三(さんざ)のための金の調達に悩み、手水鉢(ちょうずばち)を無間の鐘になぞらえて打つ所作の場面に使われた曲。村瀬源一郎作詞、杵屋(きねや)太十郎作曲と伝えられ、現存のめりやす最古の曲といわれる。静岡県掛川(かけがわ)市東山の観泉寺にあった無間の鐘の故事(この鐘をつくと来世では無間地獄に落ちるが、この世では富豪になる)は、歌舞伎(かぶき)舞踊にも数多く脚色されているが、その基準にもなった曲である。なお、浄瑠璃義太夫(じょうるりぎだゆう)節『ひらかな盛衰記(せいすいき)』の四段目「神崎揚屋(かんざきあげや)」も、ヒロイン梅ヶ枝(うめがえ)が愛人梶原(かじわら)源太のために手水鉢を無間の鐘になぞらえて打つところが眼目なので、通称を「無間の鐘」とよぶことがある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の無間の鐘の言及

【瀬川菊之丞】より

…1712年(正徳2)瀬川菊之丞を名のり初舞台。28年(享保13)2月京の市山座《けいせい満蔵鑑(まくらかがみ)》の《無間(むけん)の鐘》で大当りをとり,30年初めて江戸へ下った。44年(延享1)に極上上吉に位付され三都随一の女方と立てられた。…

※「無間の鐘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無間の鐘の関連キーワード丹羽廉芳越溪休覚青松寺佐夜の中山・小夜の中山小夜の中山玉泉寺大洞院長勝寺竜穏寺曹洞宗の大本山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone