コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬見温泉 せみおんせん

3件 の用語解説(瀬見温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬見温泉
せみおんせん

山形県北東部,最上町にある温泉。泉温は 70℃で,湯量の豊富な食塩泉。亀割山 (594m) を背に JR陸羽東線,国道 47号線に沿う小国川の峡谷にあり,秋の紅葉時は特に美しい。湯治場として発展したので自炊客相手の朝市もあり,地方色豊かな情景がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕瀬見温泉(せみおんせん)


山形県北東部、最上(もがみ)町の小国(おぐに)川の渓谷にわく行楽・保養向きの温泉。小国川はアユ釣りの名所。新緑・紅葉の季節、スキーシーズンにもにぎわう。源義経(みなもとのよしつね)・弁慶(べんけい)にまつわる旧跡が多数ある。ナトリウムカルシウム-塩化物・硫酸塩泉。泉温68℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬見温泉
せみおんせん

山形県北東部、最上(もがみ)郡最上町にある温泉。源義経(よしつね)一行が発見したといわれ、小国(おぐに)川の左岸に旅館が建ち並ぶ静かな温泉場。最上地方の奥座敷として利用され、小国川渓谷の新緑や紅葉、アユ釣りの名所として知られる。泉質は塩化物泉。JR陸羽(りくう)東線瀬見温泉駅下車。国道47号が通じる。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬見温泉の関連キーワード最上川舟唄最上赤にんにく最上かぶ最上義光歴史館最上[町]山形県最上郡最上町志茂山形県最上郡山形県最上郡最上町山刀伐峠最上の夢

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬見温泉の関連情報