コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最上町 もがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最上〔町〕
もがみ

山形県北東部,最上川支流小国川の上流部にある町。新庄市の東に位置し,北端は秋田県,東は宮城県に接している。中央部には,向町盆地の平坦地が開けているが,大部分は奥羽山脈に属する山岳・丘陵地帯。 1954年西小国村と東小国村が合体し町制。江戸時代戸沢氏が新庄に入部して以来開発が進んだ。小国川の支流は荒れ川が多く,やませの影響による冷害が起きやすいため農業の条件は悪く耕地は少い。台地では早くから牧馬が行われ,前森原などの牧場が開かれ,県内随一の馬産地として知られた。現在も牧野が広く,乳牛,肉牛の放牧が多い。小国川はアユ漁で知られ,川沿いに JR陸羽東線,国道 47号線が通り,その沿道に瀬見 (せみ) ,赤倉温泉がある。北東部,神室 (かむろ) 山南麓一帯は,栗駒国定公園に属している。面積 330.37km2。人口 8902(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最上町の関連情報