コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火車 カシャ

5件 の用語解説(火車の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐しゃ〔クワ‐〕【火車】

仏語。生前悪事を犯した亡者を乗せて地獄に運ぶという、火の燃えている車。また獄卒が呵責(かしゃく)に用いるという火の車。
「身を責め砕く―の責め」〈謡・綾鼓
車輪の形に燃える火。
「天よりは―降りかかり」〈謡・俊成忠度
《中国語から》汽車。
「―火船電信等…遠方の人民をして、相互いに交通往来し」〈中村訳・自由之理

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

火車(かしゃ)

日本の妖怪。墓場や葬儀の場から死体を奪う。ほぼ全国に伝承があり、多くは猫が正体だとされている。「化車」とも。

火車

宮部みゆきの長編ミステリー。1992年刊行。第6回山本周五郎賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひのくるま【火車】

仏教経典が地獄に関して説く〈火車(かしや)〉の和訓で,猛火の燃えている車。罪人を地獄で責めたり,あるいは罪人を地獄に迎えるのに用いる。初期の経典には〈火車輪〉〈火車炉炭〉などと罪人の責め具として出ているが,のちには命終のとき罪人を地獄に迎える乗物として説かれている。《観仏三昧海経》第五観相品には阿鼻(あび)地獄に18種の小地獄があり,その一種に18の火車地獄があるとして,火車で罪人を迎え,火車で呵責する種々相が描写されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かしゃ【火車】

〘仏〙 生前悪行を働いた亡者を乗せて地獄へ運ぶという、火の燃えている車。火の車。 「身を責め骨を砕く-の責め/謡曲・綾鼓」
「火車婆ばば」の略。
死体を食いに来るという、想像上の妖怪。
〔中国語から〕 汽車。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の火車の言及

【火車】より

…仏教経典が地獄に関して説く〈火車(かしや)〉の和訓で,猛火の燃えている車。罪人を地獄で責めたり,あるいは罪人を地獄に迎えるのに用いる。…

※「火車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火車の関連情報