火車(読み)カシャ

デジタル大辞泉の解説

か‐しゃ〔クワ‐〕【火車】

仏語。生前悪事を犯した亡者を乗せて地獄に運ぶという、火の燃えている車。また獄卒が呵責(かしゃく)に用いるという火の車。
「身を責め砕く―の責め」〈謡・綾鼓
車輪の形に燃える火。
「天よりは―降りかかり」〈謡・俊成忠度
《中国語から》汽車。
「―火船電信等…遠方の人民をして、相互いに交通往来し」〈中村訳・自由之理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひのくるま【火車】

仏教経典が地獄に関して説く〈火車(かしや)〉の和訓で,猛火の燃えている車。罪人を地獄で責めたり,あるいは罪人を地獄に迎えるのに用いる。初期の経典には〈火車輪〉〈火車炉炭〉などと罪人の責め具として出ているが,のちには命終のとき罪人を地獄に迎える乗物として説かれている。《観仏三昧海経》第五観相品には阿鼻(あび)地獄に18種の小地獄があり,その一種に18の火車地獄があるとして,火車で罪人を迎え,火車で呵責する種々相が描写されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かしゃ【火車】

〘仏〙 生前悪行を働いた亡者を乗せて地獄へ運ぶという、火の燃えている車。火の車。 「身を責め骨を砕く-の責め/謡曲・綾鼓」
「火車婆ばば」の略。
死体を食いに来るという、想像上の妖怪。
〔中国語から〕 汽車。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐しゃ クヮ‥【火車】

〘名〙
① 仏語。火の燃えている車。生前、悪事を犯した罪人を乗せて地獄に運ぶという。また、地獄で罪人を乗せて責める火の車
※百座法談(1110)閏七月八日「地獄の火車むかへにえつれば」
※大観本謡曲・綾鼓(室町末)「身を責め骨を砕く火車の責といふとも」 〔大智度論‐一四〕
② 葬送の時に、にわかに風雨が起こって、棺を吹き飛ばすことがあるのを一種の妖怪の仕業とみていう語。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)一「今にも(しな)れたらば火車(クシャ)のつかみ物と、人の取沙汰」
※重訂本草綱目啓蒙(1847)四七「葬送の時塗中にて疾風迅雷暴に至りて棺は損ぜずして中の屍を取去山中の樹枝巖石等に掛置ことありこれをくしゃと云」
※女重宝記(元祿五年)(1692)一「下ざまにては、夫には山の神といわれ、人には火車(クシャ)とよばるるたぐひををし」
④ (中国語から) 汽車
※自由之理(1872)〈中村正直訳〉三「凡そ火車火船電信等、開化修養の事にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の火車の言及

【火車】より

…仏教経典が地獄に関して説く〈火車(かしや)〉の和訓で,猛火の燃えている車。罪人を地獄で責めたり,あるいは罪人を地獄に迎えるのに用いる。…

※「火車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火車の関連情報