コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火印 かいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火印
かいん

鎌倉幕府法以降の武家法にみられる肉刑の一種。『式目抄』はこれを古代中国の墨辟の系統をひく刑と解している。『御成敗式目』においては,謀書罪について科され,凡下,すなわち庶人に対する刑とされている。その後,この刑は,その適用が次第に拡大され,室町・戦国期には窃盗,人身売買,さらには,江戸初期には撰銭令違反者にも科せられた。火印刑の方式については定かでないが,藤堂家の『家記』によれば,大坂冬の陣の直前に,密使として派遣されて来た大坂方使者の額に,「秀頼」という焼印を押したことがみえている。『式目抄』によれば火印には文字なしとされているが,後年には文字を押す場合もあったと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐いん〔クワ‐〕【火印】

仏語。左右の手の指を三角の形に結び、火の相にかたどる印契。
金属製の印を火で熱して、物に押した跡。焼き印。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいん【火印】

公示を目的とし,または刑罰の一種として,金属を熱して人,獣の体におすこと,またそれに用いる金属具。焼印,焼判,烙印ともいう。律令制では隋・唐の五刑制度にならって人体に傷を加える肉刑を用いず,刑罰としての火印は行われなかった。養老令の厩牧令(くもくりよう)に,2歳に達した官牧の駒,犢(こうし)には〈官〉字の火印を髀(ひ)(股の外側)におす規定があり,火印は畜産印とよばれて官馬牛の公示に用いられた。 中世に入ると,鎌倉幕府は御成敗式目の謀書(文書偽造)の条に,侍は所領没収もしくは遠流,凡下(ぼんげ)は火印を顔面におせと定め,その後の追加立法でも凡下の窃盗犯や人勾引(かどい∥かどわかし),人商(あきない)に対して火印の刑を科した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいん【火印】

〘仏〙 左右の手の指を結んで三角形を作り、火の相を表した印契いんげい
焼き印。 「院使花方が頰つらに浪方なみかたといふ-を指し/盛衰記 46

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の火印の言及

【印章】より

… 特殊な印章には鉄製の焼印がある。火印(かいん)と称して古代の牧馬に目印として使用したが,鎌倉時代初期の東大寺大仏殿造営用の材木の点検に俊乗坊重源が使用した槌型印が残っている。《御成敗式目》には〈謀書罪科事〉の条に武士の所領没収に対して,庶民の刑罰は〈火印を面(おもて)におす〉と規定している。…

※「火印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報