燃える(読み)モエル

  • も・える

デジタル大辞泉の解説

[動ア下一][文]も・ゆ[ヤ下二]
火がついて炎が立つ。燃焼する。「紙が―・える」「ストーブの火が―・える」
激しく気持ちが高まる。情熱が盛んに起こる。「愛国心に―・える」「怒りに―・える」
炎のような光を放つ。光る。陽炎(かげろう)や蛍の光、夏の厳しい陽光などにいう。「夕日に赤く―・える空」 夏》「―・ゆる海わんわんと児が泣き喚き/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

東海テレビ制作、フジテレビ系列放映による日本の昼帯ドラマ。1967年5月~7月放映(全65回)。出演:鳳八千代、高橋長英ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燃えるの関連情報