燃える(読み)モエル

デジタル大辞泉の解説

も・える【燃える】

[動ア下一][文]も・ゆ[ヤ下二]
火がついて炎が立つ。燃焼する。「紙が―・える」「ストーブの火が―・える」
激しく気持ちが高まる。情熱が盛んに起こる。「愛国心に―・える」「怒りに―・える」
炎のような光を放つ。光る。陽炎(かげろう)や蛍の光、夏の厳しい陽光などにいう。「夕日に赤く―・える空」 夏》「―・ゆる海わんわんと児が泣き喚き/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

燃える

東海テレビ制作、フジテレビ系列放映による日本の昼帯ドラマ。1967年5月~7月放映(全65回)。出演:鳳八千代、高橋長英ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

もえる【燃える】

下一 [文] ヤ下二 も・ゆ
炎や煙が出る。 木が-・える - ・えて灰になる
感情・情熱が高まる。 希望に-・える 怒りに-・える 彼の眼は異様に-・えてゐる/斑鳩物語 虚子
炎のように光る。 かぎろひの-・ゆる家群/古事記 燃えるという動詞は、灰になって形がなくなる場合に用いる。それに対し焼けるは、熱のために変質はするが形が一応残っている場合にいう。また、火事についてはこの二語はほぼ同様に用いる。燃焼の可能性については、石炭は燃えるとは言えるが石炭は焼けるとは言えない。調理については、焼けるはほどよく熱が通った状態について言うが、燃えるは使えない
[表記] もえる燃・萌
「燃える」は“火がついて炎が上がる”の意。「たき火が燃える」「希望に燃える」「燃えるような夕焼け」  「萌える」は“芽が出る。きざす”の意。「草が萌える」「柳の芽が萌え出す」
[句項目] 燃えるよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燃えるの関連情報