コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煮売屋 にうりや

世界大百科事典 第2版の解説

にうりや【煮売屋】

手軽な食事と茶や酒を売った店。煮売茶屋ともいう。煮売の語は,浅井了意の《東海道名所記》(1661)に〈在所により家によりて,国の名物,酒,さかな,煮売,焼売〉とあるように,はじめは餅,だんご,あるいは魚などを焼いて売る焼売(やきうり)に対して,魚や野菜の煮物を売る商売をいった。江戸では明暦の大火(1657)以後,復興事業のために地方から流入した労働者相手に煮売屋が急増し,飲酒にともなう事件が多発したのであろう,1661年(寛文1)には振売をも含めて煮売屋の夜間営業が禁止された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の煮売屋の言及

【居酒屋】より

…店先などで手軽に酒を飲ませる店の称。
[日本]
 江戸時代の前期,すでに街道筋の茶店は酒肴(しゆこう)をひさいでおり,都市の煮売屋が酒を提供したことも考えられるので,専業の居酒屋はそれらから分化して,江戸時代中ごろには成立していたと思われる。しかし,造酒屋や小売酒屋がそうした商いをしたのははるかに古いことで,実質的な居酒屋営業は奈良時代にさかのぼる。…

【飲食店】より

…江戸では明暦の大火(1657)後,急激に各種の飲食店が台頭する。市街復興のために集まってきた労働者を主たる対象として煮売屋が発生,その中からは手軽に酒とさかなを楽しむことのできる居酒屋が生まれてくる。社寺門前の茶店では浅草金竜山に奈良茶を食べさせる店が出現,それまで外食の経験をもたなかった江戸市民はもの珍しさから競ってそれを食べに行ったという。…

※「煮売屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

煮売屋の関連キーワード作間渡世居酒屋弥太一二人旅飯屋新地

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android